2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 3社車庫めぐりの旅(門司港駅) | トップページ | 3社車庫めぐりの旅(山陽姫路駅) »

2019年8月 9日 (金)

3社車庫めぐりの旅(姫路まで)

Img_2717_r 門司港駅や周辺を散策して、これから今夜の宿泊地姫路に向かう。 

Img_2730_r  まず小倉発19時36分発のこだま762号に乗車する。500系こだまで6号車を予約してある。この号車だけ旧グリーン車の車両を使用しているのだ。そのためこれを狙って予約する人が多く、この時も8割程度の混み具合だった。 

Img_2731_r 駅限定発売の能古島甘夏チューハイというのがあったので、それを買ってみた。甘夏の甘さがよく出たおいしいチューハイだ。能古島(のこのしま)は博多湾に浮かぶ小島で甘夏の産地らしい。井上陽水の曲で「能古島の片思い」というラブソングがあったことを思い出す。 

昼間のこだまに乗ると、通過待ちのためかなり長時間停車することが多いが、この時間帯ではそれほどでもない。

今日の旅の思い出に浸り、各駅に停車しながら23時05分新神戸に到着した。今夜は姫路に泊まるのに新神戸まで来たのは、下りの最終姫路行きのぞみ135号に乗車するためだ。こののぞみは姫路駅の上りホームに入線するから、それを体験したいのだ。 

 新神戸で30分ほど待って、23時39分発の最終姫路行き新幹線に乗る。降りる客は多いが乗る客は私の他に1名しかいなかった。

Img_2741_r 新神戸から約15分、姫路駅が近づいて減速が始まり、上下線の間のポイントを渡り、上り13番線ホームに停車した。この渡り線を通るのはこの1本だけで貴重な体験ができた。ホームには明日の折り返し運転に備え清掃作業員が待機していた。

« 3社車庫めぐりの旅(門司港駅) | トップページ | 3社車庫めぐりの旅(山陽姫路駅) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3社車庫めぐりの旅(門司港駅) | トップページ | 3社車庫めぐりの旅(山陽姫路駅) »