2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(増毛駅) | トップページ | 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(青い池) »

2019年8月29日 (木)

2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(道の駅おびらにしん番屋)

Img_3267_r   増毛駅観察を終えて、日本海沿いを北上する。海沿いを走るこの道は国道232号で別名日本海オロロンラインと呼ばれている。ルートの途中の羽幌町の鳥がオロロン鳥なのでそういう愛称が付いているようだ。左手に海を眺めるシーサイドコースでこんな素晴らしい道は内地では見かけない。

Img_3265_r     かつての羽幌駅のあったところに立ち寄ってみる。駅跡は大きな空き地になっていて、その一角には沿岸バスのターミナルがある。空き地には鉄道駅跡を懐かしむ句碑があった。「童心に 還る駅跡 赤とんぼ」と詠まれていた。

Img_3255_r    羽幌駅跡から今度はオロロンラインを南下し、道の駅おびらにしん番屋に到着。

Img_3256_r  おいしい海鮮系丼と日本海のきれいな景色が眺められるところで4年前にも立ち寄った。ライダーも大勢ここで休憩している人気スポットだ。

Img_3279_r    こちらでイクラ丼1,800円を賞味。たっぷりのイクラで、最後の方はイクラを食べ飽きるほどのボリュームで、大満足だった。

« 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(増毛駅) | トップページ | 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(青い池) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(増毛駅) | トップページ | 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(青い池) »