2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 近鉄ビール電車の旅(石切夜景) | トップページ | 近鉄ビール電車の旅(京阪京津線) »

2019年7月17日 (水)

近鉄ビール電車の旅(京阪プレミアムカー)

Img_1666_r

 ビール電車で飲みすぎ、その晩はホテルに戻るとすぐに眠ってしまった。翌朝はまず淀屋橋から京阪電鉄で京都まで行く。大阪市役所と日銀大阪支店を眺めてから、地下ホームに向かう。

Img_1987_r  
 
ここから6時39分発の出町柳行き特急に乗るが、私はプレミアムカーを予約してある。京阪の特急は基本的に無料なのだが、1両だけ特別シートのプレミアムカーを連結している。予約制になっていて、私はインターネットで予約してある。料金は乗車区間にもよるが最大で500円となっている。駅で買う場合、チケットは券売機ではなく窓口で買うようになっていて少し不便である。

Img_1989_r

 専任のアテンダントが乗務している。座席は片側1列、もう一方が2列で、ヘッドレスト付きの大型シートになっている。

Img_1991_r

 淀屋橋発車の時点でプレミアムカーには私を含め3人しか乗っていない。土曜日の早朝なので一般車でも十分座れるのでわざわざ500円を払う人は少ないのだろう。予約した席に座っていれば検札は省略される仕組みで、アテンダントは車内を回りながら、ブランケットなどの必要を尋ねている。1人で1両を担当しているので、この程度の乗りであれば手持ち無沙汰だ。

 列車は京橋からは複々線区間を行く。急行線は内側になっている。昨日来の雨は止んでいるが曇り空である。ひらかたパークを右手に見るうちにいつのまにか居眠りをしていて、気がつくと四条に停車していた。アテンダントのあいさつに送られながら次の三条で下車する。快適な乗り心地とゆったりとしたシートで、たまに乗るには悪くない。

« 近鉄ビール電車の旅(石切夜景) | トップページ | 近鉄ビール電車の旅(京阪京津線) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近鉄ビール電車の旅(石切夜景) | トップページ | 近鉄ビール電車の旅(京阪京津線) »