2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 四日市あすなろう鉄道内部車庫入線イベント(車庫イベント) | トップページ | 四日市あすなろう鉄道内部車庫入線イベント(フライト オブ ドリームズ) »

2019年6月22日 (土)

四日市あすなろう鉄道内部車庫入線イベント(津エアポートライン)

 15時少し前に内部車庫でのイベントが終わり、参加者にはかしわもちが配られ解散となった。帰りの新幹線は名古屋発19時49分なのでまだだいぶ時間がある。この時間を利用して中部国際空港に新しくできたボーイングミュージアム「フライト オブ ドリームズ」に行って来ようと思っている。2年前に中部国際空港近くの東横インに泊まった際、送迎バスの運転手の方からボーイング787の初号機が展示される計画があることをお伺いしたが、それが実現しミュージアムがオープンしたのだ。

 四日市から中部国際空港に行くには、近鉄、名鉄と乗り継いで行くのが便利だが、ルートに変化を持たせるため私は津から高速船(津エアポートライン)で行くことにした。まず近鉄四日市から急行で津に向かう。乗った車両はロングシートとクロスシートを変換できるLCカーだった。

Img_1129_r  津からは三重交通の連絡バスに乗り、16時45分に高速船乗り場の津なぎさまちに到着した。港に来てみると結構風が強い。日中は1時間間隔で運行され、これから乗るのは17時ちょうど発である。窓口でチケットを購入する。料金をよく調べないで来たが、2,470円と結構な値段である。クレジットカードが使えるようになっていた。

Img_1132_r_20190621222701

 出発10分前になり改札が始まり乗船する。定員は100名ほどの船だが、乗客は20名ほどでガラガラだ。

Img_1134_r  

 津に住んでいる人が中部国際空港に行くにはこの高速艇は便利だが、それ以外の地区からであれば、列車なり高速道路なりを直通し、中部国際空港に向かったほうが早く着きそうだ。

Img_1142_r

 定刻にスタートし、湾内で半回転してから中部国際空港に進路を向ける。そこそこ揺れるが、座っている分には問題なく伊勢湾を快走する。伊勢湾内は船舶の運航も少なく安定した走りだ。

Img_1155_r

 右手に渥美半島が近づいて、空港連絡橋が見えると、17時45分定刻に中部国際空港に着岸した。

« 四日市あすなろう鉄道内部車庫入線イベント(車庫イベント) | トップページ | 四日市あすなろう鉄道内部車庫入線イベント(フライト オブ ドリームズ) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四日市あすなろう鉄道内部車庫入線イベント(車庫イベント) | トップページ | 四日市あすなろう鉄道内部車庫入線イベント(フライト オブ ドリームズ) »