2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 平成から令和への旅(高松) | トップページ | 平成から令和への旅(瀬戸大橋) »

2019年6月14日 (金)

平成から令和への旅(こんぴらさま)

 高松に1泊した翌朝は、この旅行中はじめての晴天だった。今日が最終日となる。琴平さまにお参りしてから瀬戸大橋を渡って帰る予定である。

Img_0824_r

 市内を抜けると琴電の踏切があり、京急カラーの車両が通過していった。京急から譲渡された車両が今年で製造から60年の還暦を迎えるので、かつての京急カラーの赤をまとうことになったのである。

 ホテルから車で1時間ほどでこんぴらさまの近くまで来たが、そこから大渋滞で駐車場に入るのに30分以上かかった。ようやく土産物屋の駐車場を見つけ、そこに停めた。お土産を2,000円分買うと駐車料金が無料になるらしい。このあたりの駐車場は普通に停めても1,000円くらいは取られるから、まあ良心的なほうだろう。

Img_0827_r

 駐車場に車を置いて参道の階段を上る。奥社までは1,300段もあるが、一般の人が上る本殿まででも785段あり、気合いを入れて上っていく。参道は観光客でかなり混んでいて晴れているので気温も高いが、伊豆急全線ウォークの片瀬白田・伊豆稲取間に比べればどうということもない。それでも本殿までは30分以上かかった。

Img_0855_r

 本殿ではお参りの人で順番待ちになっていた。

Img_0833_r

 お参りを済ませ、来た道を引き返す。往復で1時間以上かかった。皆、ふうふう言いながらも楽しそうに上り下りしていた。

« 平成から令和への旅(高松) | トップページ | 平成から令和への旅(瀬戸大橋) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成から令和への旅(高松) | トップページ | 平成から令和への旅(瀬戸大橋) »