2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« ホビーのまち静岡トレインツアー(初めに) | トップページ | ホビーのまち静岡トレインツアー(西浜松駅まで) »

2019年6月26日 (水)

ホビーのまち静岡トレインツアー(名古屋発)

Img_1247_r  
 乗り鉄の朝は早い。ホテルを6時30分にチェックアウトし、名古屋駅に向かう。今回も出発が早かったので東横インの無料朝食の時間に間に合わなかったのは残念だ。

 集合場所はJR東海ツアーズの名古屋店前となっている。女性添乗員の方に名乗ると、今日明日の行程や諸注意が書かれたペーパーを1枚もらう。こういうペーパーはパソコンで作成されたものがほとんどだが、今回は手書きだった。いまどき珍しい。女性らしい丁寧な字で書かれていた。今回の参加者は40名弱といったところだ。

 私はJR東海ツアーズでの参加だが、少し離れたところではクラブツーリズムの受付が行われていて、railwayさん、Sさん、Tさんらの顔があり、あいさつを交わす。そのほかにも名前は知らないがこういった乗り鉄系イベントでよく見かける顔だけ知っている人も多くいた。

Img_1375_r

 添乗員の誘導で7時10分に4番線ホームに上がると既に列車は入線していた。373系3両編成で私は先頭3号車の進行左側の窓側席が割り当てられている。私の隣の席には、運の悪いことにかなり体型の立派な方で、きゅうくつな思いをする。

Img_1244_r

 駅員の横断幕に見送られながら、7時23分名古屋駅を後に東へと出発した。

« ホビーのまち静岡トレインツアー(初めに) | トップページ | ホビーのまち静岡トレインツアー(西浜松駅まで) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

JTBは中止とのことですが、東海ツアーズは隣席がいることから細かい部分で明暗が分かれたのか、中止で振り替えてきたのか気になるところです。
日帰りなら参加したかったのですがすべて宿泊なので自分は断念しました。静岡車両区は見学したことがあり、洗車体験をした覚えがあります。

ふぉ様、いつも貴重な情報ありがとうございます。私は最初JTB旅物語で申し込んでいたところ、直前に封書が着て、申し込み数は6名とのことでした。それでCTに乗り換えました。JR東海ツアーズは、このツアーが本体のJR東海の催しだったためか、人数に関係なく「催行保障」となっていました。当日乗車してみると、3両編成のJTT枠はほぼ満席、CT枠は3分の1、JTBは0でした。JTBはJRというか旧国鉄には「忠誠」を尽くさなくなりましたね。
 CTの添乗員は一般社員で鉄道ファンではありませんでした。O社員は横浜から運行された「華」に乗っていたようですが、CTのツアーで東静岡から宿のある焼津まで乗車した際に、東静岡駅改札口に見送りに出て見えていました。

ふぉ様、railway様、こんばんは。

このツアーは前泊も含めると2泊も余儀なくされるので参加しづらいですね。珍しい線に乗れるのに参加者が少なかったのは、そのせいもありそうです。

またホビーショー見学も私にとってはあまり魅力的ではありませんでした。趣味のジャンルはかなり細分化されているので、見誤ると集客につながらないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホビーのまち静岡トレインツアー(初めに) | トップページ | ホビーのまち静岡トレインツアー(西浜松駅まで) »