2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 平成から令和への旅(こんぴらさま) | トップページ | 平成から令和への旅(終わりに) »

2019年6月15日 (土)

平成から令和への旅(瀬戸大橋)

 こんぴら様のお参りを終えて、駐車場に戻り、お土産を買って車に戻る。これから瀬戸大橋を渡って帰る。瀬戸大橋を車で渡るのはミスターAN氏と渡って以来になる。瀬戸大橋は大小の橋で構成されて、まず四国側の備讃瀬戸大橋から渡る。途中の与島にはサービスエリアがあり、そこで写真を撮る。

Img_0867_r

 鉄道併用橋で列車の通過時刻を記した案内板も設置されていた。

Img_0899_r

 画像では分かりづらいが、列車通過中である。

7_011

 こちらは約30年前の写真。車はミスターAN氏のもの。車を斜めに停めての記念撮影。

Img_0907_r

 与島PAから岡山空港へと車を進める。

 

« 平成から令和への旅(こんぴらさま) | トップページ | 平成から令和への旅(終わりに) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

ミスターKさん、おはようございます。
懐かしい写真を掲載していただきありがとうございます。瀬戸大橋を渡った時の感動が蘇ってきました。当時、昭和から平成にかわり間もない頃でしたが、瀬戸大橋は昭和の最後に架けられた日本を代表する歴史的建造物で、自分の車で瀬戸大橋を渡れること自体が夢のようでした。
瀬戸大橋は鉄道併用橋であることを忘れていましたが、私もいつか鉄旅でも瀬戸大橋を渡ってみたいと思います。

ミスターANさん、こんにちは。

あの時は泊まるところもその日に決めて、今思うと結構無謀でしたが、それはそれで楽しい旅でしたね。

瀬戸大橋は列車からの眺めもいいですよ。海がよく見えます。ぜひ一度渡ってみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成から令和への旅(こんぴらさま) | トップページ | 平成から令和への旅(終わりに) »