2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 街で見かけた有名人 | トップページ | 第15回伊豆急全線ウォーク(伊豆熱川→片瀬白田) »

2019年5月 3日 (金)

第15回伊豆急全線ウォーク(インスタ始めました)

Img_0331_r

 伊豆急全線ウォークの3回目を4月27日に行った。10連休の初日である。当初は4月10日に行う予定だったが、大雨のため本日に延期した。今回、完歩となるのでミスターAN氏が同行する予定になっている。

 この日の朝も雨模様で心配になるが、電車に乗っているうちに止んできてホッとする。東海道線のグリーン車でミスターAN氏と合流し、朝食を取りながら伊豆を目指す。10連休の初日だが、東海道線の混雑はそれほどでもない。来る途中で見た東名高速は大渋滞だった。

Img_0334_r

 国府津駅の隣の建物には国鉄労働組合国府津支部の看板が掲げられている。国鉄が民営化されても、労働組合は相変わらず国鉄を名乗っているようだ。昔は春闘の時、ストライキで電車が何日か止まったりしたのも、今となっては昭和の懐かしい思い出だ。

Img_0336_r

 小田原で先行の普通列車の追いつき、乗り換える。早川を過ぎると相模灘を高台から見下ろせる区間になり、ミスターAN氏はしきりにシャッターを切っている。毎回そうなので、彼が撮ったこの区間の写真は相当な枚数になっているはずだ。

Img_0342_r

 熱海で伊豆急下田行きに乗り換える。リゾート21の先頭車に乗りたいので、到着とともに階段を駆け下り、駆け上り1番線に進んだ。ミスターAN氏は階段を1段抜かしで軽快に駆け上がっていく。足腰は私よりはるかにしっかりしているようだ。走った甲斐もあり展望席をゲットできた。

 ところで車中で、ミスターAN氏からインスタグラムについて質問を受けた。たまたま私は最近インスタグラムを始めたばかりだったので登録の仕方などを教えてあげた。mktabi55というIDでやっているのでよかったら皆様もみてください。

 伊東で伊豆急の運転士に交代した。運転士は客席に向かって一礼してから運転席に着いた。こういう挨拶は珍しい。 

Img_0349_r

 9時24分、伊豆熱川駅到着。

 

 

 

 

« 街で見かけた有名人 | トップページ | 第15回伊豆急全線ウォーク(伊豆熱川→片瀬白田) »

伊豆急全線ウオーク」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、いよいよ完歩ですね。
行きはいつもの乗り継ぎですね。
乗り継がないと展望席を確保するのは難しいですね。
さて、静岡DC記念特別バッジ(JR113系)は20日に規定数(300個)に達したため終了していましたね。3月末の完歩者数は昨年より100名ほど少なかったのですが、特別バッジ目当ての人が完歩控えしていたようで、およそ900人と昨年並みの完歩者数に戻ったようです。
今回は全線ウォークの山登り区間ですね、余力を残した完歩になったのか展開を楽しみにしています。

京葉ラインさま、令和の時代もよろしくします。

残念ながら特別バッジは手に入れることができませんでした。熱川駅にはその旨掲示がありました。

この後、完歩を目指しての歩きが始まりますが、サプライズがあったかなかったか、しばしお待ちください。

ミスターKさん、今年も伊豆急全線ウォークに同行させていただきありがとうございました。
私はミスターKさんの案内どおり、熊谷駅5時12分発の高崎線グリーン車に乗りました。熊谷から熱海まで時間はかかりますが、グリーン料金が780円と割安で、車窓を楽しみながら熱海までゆったりした時間を過ごせるのが伊豆急ウォークへ行く前の楽しみの一つです。特に根府川付近をグリーン車2階から見る景色は最高で、今年はスマホビデオで撮影していました。
10連休の初日とあって黒船電車の先頭車両展望席には座れないかと思っていましたが、今年も運よく座れてラッキーでしたね。
インスタグラムを教えていただきありがとうございました。

ミスターANさん、こんにちは。

今回もご一緒させていただきありがとうございました。伊豆まで行くと実際に歩いている時間より往復の時間のほうが長くなってしまいますが、往復の車中も楽しみの一つですね。根府川付近の高台から見る景色は最高ですね。今回は何とか天候ももってくれてホッとしました。また次回もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 街で見かけた有名人 | トップページ | 第15回伊豆急全線ウォーク(伊豆熱川→片瀬白田) »