2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 近鉄鮮魚列車ツアー(枇杷島分岐点) | トップページ | 近鉄鮮魚列車ツアー(鮮魚列車) »

2019年4月24日 (水)

近鉄鮮魚列車ツアー(西枇杷島駅)

Dsc01046_r

 枇杷島分岐点の観察を終えて、西枇杷島駅へとやって来た。

Dsc01082_r

 この駅は大都市近郊では珍しい列車別改札を実施している駅なのだ。列車別改札とは列車の発車時刻が近づかないと改札を開けない方式で、北海道やローカル駅で見かけるものだ。

Dsc01048_r

 なぜそんな列車別改札を実施しているかといえば、ご覧のようにホームが非常に狭く、ホーム上で通過列車を待つことが非常に危険なためだ。ホームの幅は広いところでも2mくらいしかない。ここをパノラマカーなどが通過していくのだ。

Dsc01073_r

 ホームの長さ自体もギリギリで、後部がホームからはみ出ている。

Dsc01089_r

 発車5分前になり、ホームに移動する。この駅は無人駅扱いだが、踏切の監視要員として駅員が常駐していて、その駅員の指示に従い、ホームに向かうようになっている。

Dsc01093_r

 ホームはこんな感じ。

« 近鉄鮮魚列車ツアー(枇杷島分岐点) | トップページ | 近鉄鮮魚列車ツアー(鮮魚列車) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

 名鉄の通過列車やJR線から眺めたとき、この駅のホームに人がいないことは奇異に感じていましたが、列車別改札をやっていたのですね。初めて知りました。
 デルタ線にも架線があるようですね。電車は走れないと思い込んでいました。

railwayさま、こんばんは。

大都市圏に列車別改札があるなんて、私も最近知りました。

デルタ線はちゃんと架線があったので、列車の運行も可能です。ここはいつか乗りたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近鉄鮮魚列車ツアー(枇杷島分岐点) | トップページ | 近鉄鮮魚列車ツアー(鮮魚列車) »