2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« つどいで行く白塚車庫洗車体験と菰野駅3号線さよなら撮影ツアー(菰野駅3号線) | トップページ | 平成の鉄道の思い出(自動改札) »

2019年4月 5日 (金)

つどいで行く白塚車庫洗車体験と菰野駅3号線さよなら撮影ツアー(神泡サーバー)

Dsc00754_r

 17時23分、つどい号は近鉄名古屋駅に到着し、本日の行程は終了した。伊勢中川、白塚車庫、川越富洲原駅での入換体験でいくつもの渡り線を通れ、満足できる旅だった。railwayさんとはここで別れる。

Img_0829_r

 名古屋発18時33分発ののぞみ42号に乗車するが、少し時間があるので待合室で、今朝東横インでもらった中日新聞に目を通す。太平洋フェリーの北海道航路で今春新造船がデビューするが、それに伴い引退する「きたかみ」の記事が出ていた。東日本大震災発生時に仙台港に停泊していた「きたかみ」は津波から船を守るため地震と共に沖合に出航する決断をし、沖合で高さ10mの津波に遭遇した。その際の貴重な画像が掲載されていた。船首部分は水没寸前の状態だ。津波や原発の被災者にばかり注目が集まり、こういった事実はあまり知られていないが、その場の判断で適切に危険を回避した人たちの苦労ももっと注目されていいだろう。

Img_0768_r

 名古屋発18時台ののぞみのいくつかの列車では、サントリーとのコラボで、神泡サーバーで注いだビールを飲める企画を期間限定で行っている。売り子は名古屋駅から乗車し、8号車のグリーン車から販売を始めるので、私は11号車普通車を予約してある。人気があるのかなかなか売りに来なくて冷や冷やイライラするが、18時55分ようやく販売員がやって来た。野球場などで売りに来るタンク式のビールサーバーを背負う方式ではなく、昔の駅弁屋さんスタイルで首からぶら下げた前かごに缶ビールとおつまみが満載されている。それを女性の販売員が担いでいるから結構重労働だろう。

Img_0769_r

 500円でビールとおつまみが付いてくる。カップに7分目くらい注いだ後、缶に装着した神泡サーバーの振動で泡が発生し、車内で生ビール風のビールが飲める仕掛けになっている。缶で飲むより数段おいしいビールで、旅の楽しさも増すというものだ。ほろ酔い加減で旅の終わりを楽しんだ。

 これで、「つどいで行く白塚車庫洗車体験と菰野駅3号線さよなら撮影ツアー」を終わります。

« つどいで行く白塚車庫洗車体験と菰野駅3号線さよなら撮影ツアー(菰野駅3号線) | トップページ | 平成の鉄道の思い出(自動改札) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つどいで行く白塚車庫洗車体験と菰野駅3号線さよなら撮影ツアー(菰野駅3号線) | トップページ | 平成の鉄道の思い出(自動改札) »