2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(天竜二俣まで) | トップページ | 天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(天竜二俣駅) »

2019年2月 9日 (土)

天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(洗って!回って!列車でGO!)

 天竜二俣駅では従来から扇形車庫などを見学するツアーがあり、私も3年前に参加したことがあるが、半年ほど前から、「洗って!回って!列車でGO!」というイベントを開催している。これは天竜二俣駅を発車した列車が駅に隣接する車両基地内を進み、洗車機通過体験と転車台回転体験とを楽しむもので、普段乗れない線に乗れるので、行ってみたいと思っていたものだ。 このイベントは1日先着50名の予約制で、予約状況はホームページでも分かるようになっている。満員の日はほとんどないので、基本的に予約をすれば誰でも乗れる。私は5日ほど前に電話で予約した。

Img_8077_r

 11時から受付が始まり、500円の参加料を払い、参加記念証が渡される。記念スタンプを押せるようになっている。参加者は全部で15名で子ども連れが半分ほどだ。

 3番線ホームで案内人から天竜浜名湖鉄道の歴史や天竜二俣駅の有形文化財の話を聞くうちに、掛川方から当駅止まりの列車が入ってきた。これが回送列車となって入庫するのに我々も便乗する形になる。

Img_8082_r

 出発信号機は赤のまま誘導信号機に従い掛川方に引き上げる。

Img_8090_r_2

 本線脇に停車した後、進行方向を変えて車両基地内の新所原方末端に進む。

Img_8103_r

Img_8118_r

Img_8131_r

 再び進行方向を変えて洗車線に入る。洗車機手前でいったん停止し、運転士が窓から手を出してスイッチを押すと洗車機が回り出し、ゆっくりと進んでいく。洗車機を出ると再び窓から手を出してスイッチを押して洗車機を止める。

Img_8147_r

 さらに洗車機の先に転車台があり、我々が乗ったまま1回転する。

Img_8162_r

 1回転した後、さらに車両基地の奥まで進み停車した。そこに乗降台があり、我々一行は下車した。

« 天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(天竜二俣まで) | トップページ | 天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(天竜二俣駅) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(天竜二俣まで) | トップページ | 天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(天竜二俣駅) »