2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(掛川まで) | トップページ | 天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(洗って!回って!列車でGO!) »

2019年2月 8日 (金)

天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(天竜二俣まで)

Img_8053_r

 掛川で新幹線を降りて天竜浜名湖鉄道乗り場に向かう。天竜浜名湖鉄道はかつては国鉄二俣線で、国鉄分割民営化の直前の1987年3月に第3セクター化された。私は国鉄時代の1983年に初乗りし、第3セクター化された1987年3月15日の開業初日にも乗った。

 天竜浜名湖鉄道の掛川駅は東海道線に隣接し、乗り換え専用改札もある。ここから9時58分発の新所原行きに乗る。1両編成で客はそこそこ乗っているが年配の人が多い。私の隣のボックスには私と同じくらいの年齢の男性4人グループがいて、会話の内容から転車台ツアーに参加するようだ。

Img_8059_r

 天竜浜名湖鉄道は新所原と同様掛川でもJRと線路がつながっていた。ここを使った特別な列車が運行されるとうれしい。

Img_8060_r

 のどかな田園地帯を進んでいく。途中の敷地駅では多くの年配客が下車した。ウォーキングに行くような格好の人が多い。

Img_8065_r

 10時44分天竜二俣駅着。国鉄時代は遠江二俣と呼ばれていた駅で、この線の中心駅だ。駅前には静態保存の蒸気機関車が展示されていた。

« 天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(掛川まで) | トップページ | 天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(洗って!回って!列車でGO!) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(天竜二俣まで):

« 天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(掛川まで) | トップページ | 天浜線転車台とOsaka Metro南港検車場の旅(洗って!回って!列車でGO!) »