2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 愛知環状鉄道通り抜けの旅(名古屋出発) | トップページ | 愛知環状鉄道通り抜けの旅(岡崎駅構内渡り線) »

2018年12月24日 (月)

愛知環状鉄道通り抜けの旅(岡崎まで)

Img_7207_r
(武将と美女に囲まれてご満悦のミスターK。キリンビール名古屋工場副工場長にシャッターを押してもらう)

 犬山市に続いて清須市によるおもてなしが始まる。織田信長に扮した若者が現れ、清須市のPRをしている。それと共にキリンビール名古屋工場の担当者も来ている。同工場は清須市にあり、上り新幹線の運転士は同工場を目安に名古屋駅停車のブレーキをかけ始めるらしい。また同工場は東京起点350kmの位置にあり缶ビールの350mlサイズと同じ数字であることも強調していた。「三、二、一番搾り」と言いながら記念撮影をしてもらう。

Img_7209_r

 記念にトートバッグ、ドリンク、飴などをいただく。ビールでないのは残念だが、未成年の参加者もいるから仕方ない。

Img_7210_r

Img_7219_r

 そのおもてなしの間に安城駅4番線待避線に入るのをTさんが目配せで教えてくれた。Tさんはいつもビデオカメラを持っていて動画派のようだ。この4番線は現在は定期列車の入線がない。

Img_7223_r

 清須市が終わると今度は名古屋市によるおもてなしだ。名古屋市のような大都市でも地域おこしに取り組んでいて、コスプレの街を目指しているようだ。「イカのミソスープ」という変わった名前のコスプレーヤーが現れた。私はコスプレには興味がないが、日本旅行が最近募集した貨物線の旅ではコスプレーヤーの参加を歓迎していたので、意外と人気があるのかもしれない。

« 愛知環状鉄道通り抜けの旅(名古屋出発) | トップページ | 愛知環状鉄道通り抜けの旅(岡崎駅構内渡り線) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛知環状鉄道通り抜けの旅(岡崎まで):

« 愛知環状鉄道通り抜けの旅(名古屋出発) | トップページ | 愛知環状鉄道通り抜けの旅(岡崎駅構内渡り線) »