2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« D25さよなら臨時列車の旅(名古屋めしクーポン) | トップページ | 札幌市営地下鉄と大井川鉄道の旅(羽田空港まで) »

2018年11月26日 (月)

札幌市営地下鉄と大井川鉄道の旅(初めに)

M3jhig0o0bdutjwfrjjbvvmjtwytdsdlbag
.札幌市交通局で実施される地下鉄列車火災想定訓練に当選した。これは札幌市営地下鉄の東西線ひばりが丘駅近くにある車両基地を利用して、列車火災が発生したとの想定で一般市民の参加を得て行われる避難訓練である。避難訓練自体も価値のあるイベントだが、ひばりが丘駅から車両基地まで参加者を乗せた列車が走るようだ。札幌市民でなくても応募可能だったので申し込みを行ったところ、運良く当選した。約200名の募集があり、参加者は80名だから運がいい。

 開催日は10月20日土曜日で、集合時刻は地下鉄東西線ひばりが丘駅午前9時となっている。この時刻にひばりが丘駅に現れるには新さっぽろあたりに前泊するのが都合がいい。金曜日の夕方、定時で会社を出れば間に合うだろう。

 札幌市交通局のイベントは土曜日の午前中に終わるのでその後の計画を考えてみた。まず定山渓の豊平峡ダムにある電気バスとリフトカーに乗っておきたい。電気自動車はよく耳にするが電気バスは珍しい。またリフトカーはケーブルカーみたいなものであるが、それほど本格的なものではなく、ダム利用者向けに運行している簡易な乗り物で、両方ともrailwayさんのブログで存在を知ったもので、珍しい乗り物なので乗ってみたいと思っていた。

 そしてその晩は札幌に1泊し、翌日は廃止が近い札沼線の末端区間に乗ってみようかなと考えていた。ところが同じ週末に大井川鉄道の新金谷駅にある大代側線と呼ばれる引き込み線に乗れるイベントがあることが分かり、それに行くことに変更した。新千歳空港から静岡空港には午前中に1日1本だけ直行便があり、それに乗れば大井川鉄道のイベントにも間に合いそうだ。

 そういうわけで、札幌の帰りに静岡に寄ってくるというスケールの大きな旅になった。

« D25さよなら臨時列車の旅(名古屋めしクーポン) | トップページ | 札幌市営地下鉄と大井川鉄道の旅(羽田空港まで) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市営地下鉄と大井川鉄道の旅(初めに):

« D25さよなら臨時列車の旅(名古屋めしクーポン) | トップページ | 札幌市営地下鉄と大井川鉄道の旅(羽田空港まで) »