2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 2018年北海道ドライブ紀行(終わりに) | トップページ | 小田急ロマンスカーGSEナナコ »

2018年10月 7日 (日)

ミスターKの吞み鉄旅日記

Img_4990_r

 9月24日午後、両国駅で飲み会がありました。参加者はrailwayさん、takehopeさん、Sさん、そして私ミスターKの4人です。railwayさん、takehopeさんは両国駅に15時36分に到着する、クラブツーリズム主催の貨物線ツアーの臨時列車「宴」で現れました。

 railwayさんは乗り歩きでよくご一緒させていただく方で、takehopeさんは今から5年前に大阪でお会いさせていただいた方で、Sさんは先日の秋田港クルーズ列車でrailwayさんからご紹介いただいた方で、それぞれ熱心な鉄道ファンの方々です。

Img_4996_r

 両国駅構内には江戸NORENという江戸時代の町屋を意識した吹き抜けの施設があり、土俵も再現されています。飲食店や観光案内所などもあり、観光客でにぎわっています、

Img_4999_r

 我々はその2階にある「築地食堂源ちゃん」という店に入り、「宴」から下車した人を交え「宴」が始まりました。この位置はかつての両国駅の駅長室があったところで、railwayさんは小学校のころ、クラブ活動で駅長室を訪れたことがあるので感慨深げでした。

 皆さん相当に年季の入った鉄道ファンで、私ですら着いていけない話題も多く、まだまだ勉強不足だと感じました。特に昭和40年代ころの蒸気機関車、中小私鉄の話題は、ただただ感心して聞くだけでした。

 午後4時前から飲み始め、時間を忘れて飲み続け、お店を出たのは午後7時を回っていました。

 楽しい時が過ごせ、また機会があればご一緒させていただきたいと思いました。皆様、お世話になりました。

 

« 2018年北海道ドライブ紀行(終わりに) | トップページ | 小田急ロマンスカーGSEナナコ »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

こんひちは。
うらやましい、私は時間に余裕の無い日々を過ごしていて40年来、単独行動でした。
もっとも、ひとりだから昼に思い立ってすぐ枕崎から加世田まで台風被害で不通になった鹿児島交通20kmを歩いて被害状況を撮影できたのだと思います。18キップでたどり着いた荒尾市営の廃線跡、山本五十六の墓参で偶然見た越後交通栃尾線の廃線跡などその場で予定変更しました。
が、語り合える仲間があるのはいいですね。

京葉ラインさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

鹿児島交通は台風被害にあう直前の1983年6月に乗車しました。その状況を歩いて撮影されたとはご苦労も多かったのでないかとご推察します。荒尾市営や越後交通などは現役時代や廃止後もまったく縁がありません。貴重なご経験をされていますね。

私の旅も基本的には一人旅で、思い立った時に思い立ったところに行くので、誰かと一緒に行くことはほとんどありません。今回の飲み会はrailwayさんの顔の広さで集まった仲間がたまたま都合があったのでという感じです。

私の旅の予定は、「目次編・ミスターKの乗り鉄旅日記」に公開してありますので、ご都合が合えば光栄です。私の連絡先はパソコン版のブログの左下のほうに出ていますのでご参考にしてください。

ミスターK様、
 「宴」「小湊鉄道」とお目にかかる機会があり大変お世話になりました。宴のような催しは、東京以外で宿泊を伴う乗り歩き旅が行なわれた際に、その地で実行したいものと思っております。
京葉ライン様、
 はじめまして。時々コメントを拝読させて頂いています。私は千葉在住なので、どこかですれ違っているかもしれませんね。荒尾市電は大牟田在住時代の子供のころキップ集めに奔走しました。廃線となりましたが、比較的路線跡が残っていて緑が丘駅などには面影があります。炭住街でしたので、炭坑離職者の家族が荒尾を去っていった時代の生き証人として貴重な廃線跡と思っています。

railwayさん、おはようございます。

両国ではお世話になりました。10月はイベントも多く、養老鉄道、札幌市営地下鉄ではまたお会いできることを楽しみにしています。よろしくお願いします。

ミスターKさん、こんにちは。
本日、外出時に11/3の川崎駅工事に伴う品川~横浜の運転について、のチラシを見ました。10時以降の「踊子」「サンライズ」は横須賀線経由で運転、とありますが、品川駅に東海道→横須賀の渡り線が有るのでしょうか。
東京駅の地下ホームから発車、はあり得ないと思うのですが。

railwayさん、
ありがとうございます。荒尾へ行ったのは85年頃ですから30年も前のことです。
当時も終点の先には三井グリーンランドが出来ていました。眺めた時に、その場所がかつての炭鉱だったのかな、と思いました。
これからは積極的に「鉄道乗りある記」へおじゃまします。

京葉ラインさん、こんばんは。

その渡り線、品川駅にあるみたいです。その日は東京駅と横浜駅で折り返し運転をするのでどんな渡り線を使用するのかも興味あります。実際に行ってくるつもりです。ありがとうございました。

 最近、品川駅は大きく配線が変わっていますが、以前から東海道→横須賀線の渡り線は「湘南ライナー」が通過していました。それ以上に横浜駅で東海道→横須賀線との転線、折り返し電車のポイントが珍しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミスターKの吞み鉄旅日記:

« 2018年北海道ドライブ紀行(終わりに) | トップページ | 小田急ロマンスカーGSEナナコ »