2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 東府中駅構内渡り線 | トップページ | 東奔西走乗り鉄の旅(仙台まで) »

2018年10月12日 (金)

東奔西走乗り鉄の旅(初めに)

Img_4932_r

 9月14日に仙台臨海鉄道に乗れるイベント、9月15日に阪堺電車の我孫子道車庫に入れるイベント、9月16日に新幹線浜松工場に入れるイベントがあり、この3つをひとまとめにして、乗り回ってこようと思っている。日本の東西を移動して旅する形になり、東奔西走する感じで、2泊3日で行ってくることにした。

 まず仙台港アクセスクルーズ列車は、仙台港に入港するクルーズ船の利用者向けに、貨物駅の仙台埠頭駅から運行される臨時列車なのだが、一般客も利用できる枠が特別に設けられた。貨物線に乗れるまたとない機会でまことにありがたい情報で、その情報は乗り歩き仲間のrailwayさんから発売日当日にメールで教えていただいた。昼休みに食事に出た時の気付きすぐ予約した。運行日は平日で休暇が取れるかどうかも分からないまま取り急ぎ予約を入れたのであった。

  阪堺電車は臨時電車が我孫子道車庫に乗り入れて、そこで星雲塗装、金太郎塗装の車両の撮影会が行われるもので、これは先着順で予約が可能だった。

  最後の浜松工場行き新幹線は3年前にも乗ったのだが、その時は大阪方の入線だったが、今回は東京方からの入線で、東京方からだと本線を横断する形で入線するので、本線上にある渡り線を通る貴重な体験ができる。これはいくつかの旅行会社でツアー形式で先着順で予約可能だった。

  そんなこんなで普段は乗れない線に乗るべく2泊3日で文字通り東奔西走してくることになった。 ​

« 東府中駅構内渡り線 | トップページ | 東奔西走乗り鉄の旅(仙台まで) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東奔西走乗り鉄の旅(初めに):

« 東府中駅構内渡り線 | トップページ | 東奔西走乗り鉄の旅(仙台まで) »