2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 東奔西走乗り鉄の旅(みのり号) | トップページ | 東奔西走乗り鉄の旅(陸前山王-松島) »

2018年10月16日 (火)

東奔西走乗り鉄の旅(仙台埠頭-陸前山王)

Img_3542_r

 仙台臨海鉄道は民間の路線だが、この車両はJRの運転士が担当している。ディーゼルカーなので仙台臨海鉄道では運転できる人はいないのだろう。いっぽうJRの運転士はこの区間を走行したことがないはずだから今日に備え何度か習熟訓練を行っているのだろう。列車は左カーブを描くようにして進行する。途中の各踏切には警備の職員と多くの撮り鉄がいる。その他に運行に関するスタッフも多く、これではとても採算は合わないだろう。

Img_3557_r

 10時08分仙台港駅でいったん停車し、タブレット交換が行われる。上空にはヘリコプターが飛んでいたから、この列車に対する地元での注目度は相当なものだ。

Img_3583_r

 10時13分、仙台港駅発車。運転席後部は私も含めた撮影隊で混んでいるが、適宜場所を譲り合って撮影していて、いざこざなどが起きないのはうれしいことだ。国道をまたぐ跨線橋ではバラストの色が途中から変わっていたから、この辺りまで津波の被害を受けたのかもしれない。

Img_3592_r

Img_3611_r 

Img_3614_r

 かつて仙台ゆめ交流博時に設けられた臨時駅はどのあたりか全く見当がつかないまま列車は進んで、仙石線をくぐり、10時23分陸前山王駅に合流した。

« 東奔西走乗り鉄の旅(みのり号) | トップページ | 東奔西走乗り鉄の旅(陸前山王-松島) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東奔西走乗り鉄の旅(仙台埠頭-陸前山王):

« 東奔西走乗り鉄の旅(みのり号) | トップページ | 東奔西走乗り鉄の旅(陸前山王-松島) »