2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 秋田港クルーズ列車の旅(男鹿線ACCUM) | トップページ | 秋田港クルーズ列車の旅(道の駅オガーレ) »

2018年9月 2日 (日)

秋田港クルーズ列車の旅(男鹿駅)

Img_2348_r

 男鹿駅には9時49分に到着した。男鹿駅はリニューアルされ今年7月1日に駅舎が移転した。

Img_2353_r

 従来は駅に着くと進行方向後ろ側にある構内踏切を渡って駅を出ていたが、今回から駅舎が線路の終端に移り、頭端式のホームになった。車止めも新設されていた。

Img_2356_r

 今回の駅舎移転に伴う線路自体の延伸はないようだが、列車の停車位置が従来より数十メートルほど奥まったところになっている。乗り鉄としてはこの微妙な延伸は見逃せない。ところが停車位置自体は奥まったのだが、男鹿線の営業キロは今回の駅舎移転に伴い0.2km短縮し26.4kmとなった。駅舎が奥に移転し営業キロが長くなるのならば分かるのだが短くなるのは解せない。

Img_2362_r

 それはともかく、新しくなった駅舎を見学する。

Img_2383_r

 建物は平屋で屋上が展望デッキになっている。線路の脇には風力発電の風車が回っていて駅の電力はこの風車でまかなっているらしい。この駅はエコステーションと言うのがウリのようだ。

« 秋田港クルーズ列車の旅(男鹿線ACCUM) | トップページ | 秋田港クルーズ列車の旅(道の駅オガーレ) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田港クルーズ列車の旅(男鹿駅):

« 秋田港クルーズ列車の旅(男鹿線ACCUM) | トップページ | 秋田港クルーズ列車の旅(道の駅オガーレ) »