2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 2018年北海道ドライブ紀行(フェリー乗船) | トップページ | 2018年北海道ドライブ紀行(フェリーいしかり翌朝) »

2018年9月16日 (日)

2018年北海道ドライブ紀行(フェリーいしかり)

Img_2650_r

 乗船した船は「いしかり」で、太平洋フェリーの最上級の船舶だ。フェリーオブザイヤーを連続して受賞している。

 乗船するとすぐ船内レストランの営業が始まった。出港の1時間前の18時30分から利用できるようになっている。

Img_2651_r

 さっそく行ってみたが、勝手知った客で窓際の席は既に満席で、窓から離れた席に座る。既に日は暮れているので窓際でなくても不都合はない。

Img_2649_r

 食事はバイキング形式になっていて私はご覧のチョイスとした。今日の運転の疲れと明日以降の旅の安全を祈願しながらビールで乾杯。

 レストラン内ではテレビクルーによる取材撮影が行われている。取材の対象は、はとバス主催のツアーで、観光バスごとフェリーに乗って北海道を周遊するツアーが企画され、それを同行取材しているようだ。フェリー乗り場に黒いはとバスが停まっていて、見たことがないカラーリングだと気になっていた。インタビューされているのはツアーの参加者で、テレビ東京の「ガイアの夜明け」で9月11日放送予定らしい。

Img_2654_r

 1皿目を食べ終え、第2弾に挑戦する。いしかりは苫小牧、仙台、名古屋を往復しているので、メニューには名古屋の土手煮、串カツなどもあり、お酒が進む。2杯目にハイボールも飲んで、いい気分になって船室に戻る。

 フェリーはいつの間にか出航していて沖合に進んでいる。太平洋側は台風の影響が少ないはずで、そのためにこちらの航路を選択したのだが、揺れが意外と大きい。今まで乗船したフェリーの中で一番揺れが大きい。台風は既に北海道を抜けているのに意外と揺れるもので、お酒の酔いと船酔いと今日の疲れで、早々にベッドに横たわる。太平洋側でこの揺れだから、新日本海フェリーをキャンセルしておいて良かった。

« 2018年北海道ドライブ紀行(フェリー乗船) | トップページ | 2018年北海道ドライブ紀行(フェリーいしかり翌朝) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年北海道ドライブ紀行(フェリーいしかり):

« 2018年北海道ドライブ紀行(フェリー乗船) | トップページ | 2018年北海道ドライブ紀行(フェリーいしかり翌朝) »