2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 2018年北海道ドライブ紀行(初めに) | トップページ | 2018年北海道ドライブ紀行(フェリー乗船) »

2018年9月14日 (金)

2018年北海道ドライブ紀行(仙台港まで)

1

 8月25日昼過ぎ、東北道を北に進路を取る。この日の関東地方は台風に吹き込む風の影響か猛暑がぶり返し、車の温度計では外気温が40度を示している。冷房を強めにしてあり、車内にいる限りは問題ないが、一歩外に出ると熱波に包まれる。

 利根川を渡り、館林インターを過ぎる。館林は猛暑で有名なところで、ここでも車の温度計は38度を示している。

 宇都宮インターの手前ではキャンピングカーが横倒しになっていて車線規制が行われていた。運転者と見られる人は車の外に下りていてケガは大したことはなさそうだが、積荷はかなり散乱している。ひょっとすると仙台港からフェリーに乗る予定の人だったかもしれないから予定が台無しだろう。自分が同じ事故を起こさないように肝に銘じて、事故車両の脇を抜ける。

 宇都宮インターから先は二車線になり交通量も少なくなってきた。途中の鏡石パーキングエリアで休憩を取る。パーキングエリアで休憩を取ることは少ないのだが、コンビニがあるとの案内があったので立ち寄ってみた。ここのパーキングエリアはトイレもキレイで穴場PAだ。

Img_6950_r

 ここでソフトクリームを食べて暑さをいやす。栃木県ではおなじみのレモン牛乳を作っている栃木乳業のレモンアイスを食べてみた。さわやかなレモン味でソフトクリームにしてはやや硬めの食感だ。

Pa1

 福島インター付近では当然のにわか雨に遭遇した。降り始めてから本降りになるまで10秒ほどだったから、バイクの人はカッパを着る間も無くずぶ濡れになっていた。急な雨のせいか横転していたバイクもあり気の毒だ。

 そんな急な雨も5分ほどで止んだ、というより車が雨が降っていない地域に車が進入したのだろう。

 東北道は各県境で山越えが発生するが、仙台まで走ってトンネルは1ヶ所だけだった。東名などを走ると頻繁にトンネルが現れるので東北道のトンネルの少なさには意外な感じがする。

 東北道から仙台南道路に入り、仙台市営地下鉄の富沢車両基地の脇を抜け、新しくできた仙台港インターで降り、来月乗る予定の仙台臨海鉄道の踏切を渡り、午後6時仙台フェリーターミナルに到着した。

« 2018年北海道ドライブ紀行(初めに) | トップページ | 2018年北海道ドライブ紀行(フェリー乗船) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年北海道ドライブ紀行(仙台港まで):

« 2018年北海道ドライブ紀行(初めに) | トップページ | 2018年北海道ドライブ紀行(フェリー乗船) »