2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 工業デザイナー黒岩保美没後20年展 | トップページ | 日本縦断客室鈍行の旅 »

2018年8月 1日 (水)

宮脇俊三と旅した鉄道風景

Img_1885_r

   鉄道写真家の櫻井寛さんが1992年から99年にかけて宮脇俊三さんと同行した海外旅行の思い出を写真とともに記した著作「宮脇俊三と旅した鉄道風景」が今から5年ほど前にダイヤモンド社から刊行されました。この著作の存在は知ってはいましたが、写真集だと思って興味がなかったのですが、先日書泉グランデで手に取ってみると、櫻井さんによる宮脇さんの思い出がいろいろ記されていたので買い求めました。

旅先はヨーロッパやアメリカが中心で、高速列車、豪華列車、登山鉄道、蒸気機関車、寝台車、食堂車などバラエティに飛んでいます。 その中での宮脇俊三さんとのやり取りを通して宮脇俊三さんの人柄が伝わってきてほほえましくなりました。

 本書の後半ではだんだんに宮脇俊三さんの体調が悪くなっていく様子がうかがわれ、最後の旅は鉄道発祥の国イギリスで締めくくりたいと言葉を残され、1999年にそれを実現されましたが、その後は海外旅行には行けなくなりました。宮脇俊三さんが他界されたのはその4年後でした。

 ​宮脇さんの著作では写真はほとんど掲載されていないのですが、この写真集により当時の旅が厚みを持って甦ってきました。

 

« 工業デザイナー黒岩保美没後20年展 | トップページ | 日本縦断客室鈍行の旅 »

鉄道関連書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮脇俊三と旅した鉄道風景:

« 工業デザイナー黒岩保美没後20年展 | トップページ | 日本縦断客室鈍行の旅 »