2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 愛岐トンネルと明知鉄道の旅(名古屋モーニング) | トップページ | 愛岐トンネルと明知鉄道の旅(トンネルウォーク1) »

2018年5月26日 (土)

愛岐トンネルと明知鉄道の旅(定光寺まで)

Img_0542
 メイチカでモーニングを楽しんだ後、今回の目的地定光寺駅へと向かう。8時15分発の臨時快速ナイスホリデー塩尻行きにまず乗車した。中央西線を走り通す列車で名古屋駅で塩尻の行き先を見るのは珍しい。クロスシートで快適な車両だ。

 勝川駅近くでは東海交通事業城北線が近づいて来る。JR勝川駅は2009年に高架化が完成したが、その際城北線はJR勝川駅に乗り入れ工事が行われないままとなっていて、おそらく今後もそのままだろう。

 少し時間に余裕があるので途中の高蔵寺駅で下車する。高蔵寺駅は愛知環状鉄道が分岐する駅で、JRから愛知環状鉄道に乗り入れる列車はかつては中央線と平面交差していたが、2005年の愛・地球博の時に中央線と立体交差する跨線橋ができた。私はその直後に乗りに行った。

Img_0543
 せっかく作った立体交差だが、現在は1日4本程度しかここを通過せずもったいない話だ。

 高蔵寺で定光寺方面の列車を待っているとJR東海の職員が10名ほどぞろぞろと現れた。定光寺駅は普段は無人駅だが、愛岐トンネルイベント開催日は応援の駅員が出て集札やホームの安全確認を行うようだ。それらの職員と一緒に高蔵寺9時ちょうどの列車で隣の定光寺駅へと向かった。

« 愛岐トンネルと明知鉄道の旅(名古屋モーニング) | トップページ | 愛岐トンネルと明知鉄道の旅(トンネルウォーク1) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

ナイスホリデー木曽路は増発ではなく定期の中津川行きを延長運転としていることや次の快速まで間隔があくためすごく混雑していた覚えがあります。
東日本のように無料のホリデー快速を増便することは少なく、さわやかウォーキングがあるときは指定席のさわやかウォーキング号というのを(新幹線と並走する区間でも)運転していますが近場ということもあるのかそこまではしていないようですね。

ふぉさま、こんにちは。

このナイスホリデーも立ち客が出る混雑でした。臨時列車の対応でも、会社によって違いがあるようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛岐トンネルと明知鉄道の旅(定光寺まで):

« 愛岐トンネルと明知鉄道の旅(名古屋モーニング) | トップページ | 愛岐トンネルと明知鉄道の旅(トンネルウォーク1) »