2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 飯田線秘境駅号の旅(スーパーあずさ1号) | トップページ | 飯田線秘境駅号の旅(飯田線秘境駅号) »

2018年4月11日 (水)

飯田線秘境駅号の旅(飯田線)

Img_2629_r

 上諏訪でスーパーあずさ1号を下車し、上諏訪始発の普通列車豊橋行きに乗り換える。同じホームで乗り換えられるので便利だ。上諏訪はかなり冷え込んでいて、私は薄手の上着なのでかなり寒く感じる。

 列車は転換クロスシートの3両編成でローカル線らしくはないが快適だ。飯田線のようなローカル線でも外国人旅行者が乗っている。外国人とは気付かない老人が日本語で豊橋まで7時間かかることをしきりに説明していた。

 諏訪湖を左手に見ながら進む。上諏訪から辰野まではまだ中央線で、辰野から先が飯田線になる。飯田線は今は全部JR東海の管轄だが、その昔は4つの私鉄から成り立っていた。その関係もあり駅間距離が短くちょこちょこ走ってはすぐ止まる。伊那市までは立ち客も出る混雑ぶりだったが、伊那市からは空いてきた。

Img_2640_r

 途中の宮田駅では交換待ちで8分停車となった。ちょうど線路脇の桜が見頃で多くの客がホームに降りて写真を撮っている。

 上諏訪から約3時間、12時18分飯田に着いた。途中下車のため乗車券を示すと途中下車印を捺してくれた。宮脇俊三さんの「最長片道切符の旅」でも頼みもしないのに途中下車印を捺してくれる駅員が出てきたが、下車印押印を励行するのが飯田駅の伝統かも知れない。

Img_2650_r_2

 駅を出ると雪が舞っている。乗り継ぎに時間があるので駅前で食事でもしようと思っていたがこれでは無理だ。駅に戻りキヨスクで菓子を買い、空腹を満たす。

« 飯田線秘境駅号の旅(スーパーあずさ1号) | トップページ | 飯田線秘境駅号の旅(飯田線秘境駅号) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯田線秘境駅号の旅(飯田線):

« 飯田線秘境駅号の旅(スーパーあずさ1号) | トップページ | 飯田線秘境駅号の旅(飯田線秘境駅号) »