2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 飯田線秘境駅号の旅(平岡駅) | トップページ | 飯田線秘境駅号の旅(中井侍駅) »

2018年4月18日 (水)

飯田線秘境駅号の旅(伊那小沢駅)

Img_2763_r

 平岡駅で買い物を済ませると列車は2つ先の伊那小沢駅に向かう。途中の鶯巣駅の手前では旧線の鉄橋がチラッと見える。飯田線は山深いところを走っているので豪雨などの被害を防ぐため川沿いのルートを避け、トンネルで短絡している区間も多く、そういった廃線のひとつらしい。

Img_2767_r

 伊那小沢駅は今日訪れる秘境駅では唯一列車交換ができる駅だ。そのせいか秘境駅ランクは81位と低くなっている。

Img_2777_r

 構内踏切があり発車1分前に閉まるので、早めに戻るよう注意喚起があった。

Img_2775_r

 駅の裏手には人家があるので秘境駅感は低い。

Img_2778_r 

 豊橋方面にスイッチバックする形で引き込み線が延びている。

Img_2772_r

 ホームの跡らしきものもあった。何に使われていたのだろうか。

« 飯田線秘境駅号の旅(平岡駅) | トップページ | 飯田線秘境駅号の旅(中井侍駅) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

伊那小沢も訪問しましたが、駅ノートによると中井侍から徒歩で来たという書き込みが多くて驚きました(大半が舗装路なのできちんと調べていてれば可能だなという感じです)
18きっぷのポスターになった場所もあるらしく、晴れていれば徒歩にすればよかったなとは思いました。

引き込み線のような場所は業務用のようで隙間から中が見えた限りでは赤い明かりがついていたので使われているのか何とも言えない感じでした(防犯設備のランプなのかもしれません)

まとめて列車で訪問できるのもまたいい面がありますね。千代と金野も行きましたが駅名表に触れたりとかの話はノーチェックでした。

ふぉさま、おはようございます。

中井侍と伊那小沢は歩いて行けるのですね。秘境感が楽しめるコースですね。駅ノートがあったことには気付きませんでした。

金野や千代の駅名標の件はこじつけ気味ですが、車掌のアナウンスでは私の知らないこともあり、役に立ちました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯田線秘境駅号の旅(伊那小沢駅):

« 飯田線秘境駅号の旅(平岡駅) | トップページ | 飯田線秘境駅号の旅(中井侍駅) »