2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 釧路市立博物館簡易軌道展訪問の旅(釧路空港まで) | トップページ | 釧路市立博物館簡易軌道展訪問の旅(番外編) »

2018年3月13日 (火)

釧路市立博物館簡易軌道展訪問の旅(帰路)

Img_2328_r

 空港には18時16分に到着。気温はプラス0.1℃となっているから、この時期の釧路としては温かいほうだろう。

Img_2330_r

 前回「新緑の道東鉄路 歴史探訪2日間」に参加した時、1階ロビーで販売されているあっけしソフトクリームがおいしいと聞いていたので今回食べてみた。森高牧場というところのミルクの風味が豊かな柔らかいソフトクリームだった。

 これから乗る飛行機は前回のツアーで乗ったのと同じエアドゥの74便で、ANAとのコードシェア便になっているのでANAの株主優待が利用できる。​

 定刻の前に搭乗が完了し、19時02分バーセットとなる。機種はボーイング737-700で通路をはさんでそれぞれ3人がけの席が並ぶ。機内は満席で私は3人がけの通路側の席になる。

 機長は龍神、チーフパーサーは天沼との紹介があり、離陸する。

Img_5498_r


 ベルト着用サインが消え、ドリンクのサービスが始まる。機内誌にCAおススメとあった北海道いちごソーダを選んでみたが、中途半端に甘く、ソーダともマッチせず、とてもまずいドリンクだった。これは皆さまにおススメできない。

Img_2332_r

Img_2337_r

 飛行機は宮古市上空を34,000フィートで運行し、21時05分羽田空港に到着した。沖止めとなり、タラップで下りて、連絡バスで空港ターミナルに向かった。

 これで「釧路市立博物館簡易軌道展訪問の旅」を終ります。

« 釧路市立博物館簡易軌道展訪問の旅(釧路空港まで) | トップページ | 釧路市立博物館簡易軌道展訪問の旅(番外編) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釧路市立博物館簡易軌道展訪問の旅(帰路):

« 釧路市立博物館簡易軌道展訪問の旅(釧路空港まで) | トップページ | 釧路市立博物館簡易軌道展訪問の旅(番外編) »