2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 明大前駅渡り線乗車 | トップページ | シーサイドライン車両基地&司令区見学とファンケル総合研究所見学バスツアー(初めに) »

2018年2月24日 (土)

自動改札ディスプレイに小変化

Img_2366_r

 ICカードで自動改札を出る時に、引去額が表示されますが、今までは金額そのものが出ていましたが、最近金額の前に-(マイナス)の表示が出るようになりました。小さな変化なのですが何か背景があるのかネット上で調べましたがよく分かりません。

 それと気になるのが「引去額 -154円」という表記は正しいのでしょうか。「154円引き去る」なら分かるのですが、「-154円引き去る」というのは、私の数学の理解では「154円」プラスになる、つまりチャージされたということだと思うのですが・・・

« 明大前駅渡り線乗車 | トップページ | シーサイドライン車両基地&司令区見学とファンケル総合研究所見学バスツアー(初めに) »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

私もおかしいと思い、東京メトロ、JR東に電話しました。
地下鉄は英語表記もあり、外国人が見たら、日本人は数学もわかっていないと言う日本人の恥なので、引き去り額でマイナスをつけないか、引き去り額の表記を変えるかしないとダメと伝えました。
数学を勉強しない人が設計したのか、そう言うのは仕様を言ったのか分かりませんが、恥ずかしいですね。

コメントありがとうございます。

これはやっぱりおかしいですよね。わざわざ変えたのはよほど根拠のあることだと思いますが、理解しかねます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動改札ディスプレイに小変化:

« 明大前駅渡り線乗車 | トップページ | シーサイドライン車両基地&司令区見学とファンケル総合研究所見学バスツアー(初めに) »