2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« AGT・鉄道ふれあい祭りの旅(会場まで) | トップページ | AGT・鉄道ふれあい祭りの旅(まつり会場) »

2018年2月17日 (土)

AGT・鉄道ふれあい祭りの旅(MIHARAライナー乗車)

​  整理券を手に入れ、バスのりばに向かう。MIHARAライナーの乗り場はここから5〜600mほど離れた場所にあり、そこまでは徒歩ではなくバスでの移動なのだ。バスはトモテツバスの路線バス車両だった。1便乗車メンバーは2台に分乗しMIHARAライナー乗り場に向かう。

8498_r

 これが乗るべき車両。GENKI1号、2号という車両愛称が車体に表記されている。車両は2両編成で能勢電鉄で使われていたものらしい。専用のプラットホームが設けられていて、そこからTさんとともに乗車する。

Img_1014_r

 線路は左回りの周回軌道で1周は3.2km、運転士は三菱重工の人で車掌はJR西日本の人だった。普段は車掌は乗らないのだろう。周回軌道を2周することになっていて1周目は時速30km、2周目は時速80kmで走行するとのこと。

Img_0938_r

 線路は3線軌条だ。スタートするとすぐに50‰の勾配がある。

Img_1000_r

 そこを上ると瀬戸内海が見える。左カーブを曲がると右手に湾を見ながら進む。

Img_1006_r

 ポイントもある。左に分岐すると車庫線になる。

Img_1010_r

Img_0951_r

 2周目はスピードを上げるが走行は安定している。バラスト区間が基本だが一部スラブ軌道区間もある。

Img_1018_r

 2周6.4kmの乗車はあっという間に終わった。国内におそらくここだけと思われる試験線に乗れ、とても貴重な経験になった。

« AGT・鉄道ふれあい祭りの旅(会場まで) | トップページ | AGT・鉄道ふれあい祭りの旅(まつり会場) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AGT・鉄道ふれあい祭りの旅(MIHARAライナー乗車):

« AGT・鉄道ふれあい祭りの旅(会場まで) | トップページ | AGT・鉄道ふれあい祭りの旅(まつり会場) »