2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 普段通らない!JR東海管内貨物線と珍しい車窓の旅(大滝鍾乳洞) | トップページ | 普段通らない!JR東海管内貨物線と珍しい車窓の旅(九頭竜紅葉まつり) »

2018年1月31日 (水)

普段通らない!JR東海管内貨物線と珍しい車窓の旅(九頭竜紅葉まつりトロッコ)

​ 大滝鍾乳洞の見学を終えて次に向かったのが、県境を越えた福井県にある九頭竜紅葉まつり会場だ。 九頭竜まつりは新緑と紅葉の時期に年2回開催されているのだが、私の目当てはまつりそのものではなくその会場で運行されているトロッコの乗車だ。 かつてこの近くにあった中竜(なかたつ)鉱山で運行されていたトロッコを模して作ったトロッコにまつりの時だけ乗れるのだ。

 大滝鍾乳洞を出発するとだんだんに雨足が強くなってきた。事前の調査ではトロッコは屋根付きだったので、雨が降っても乗れないことはないと思われる。 湯坂峠を長いトンネルで抜け福井県側に入る。峠を越えればいくらか弱まるかと思ったが雨は相変わらず降り仕切っている。

 九頭竜湖駅近くにある会場に午後1時頃到着した。広い駐車場が用意されていて多くの車が停まっている。お祭り自体はやっているようだ。

Img_0587_r

 ところが駐車場に車を置いて会場に入ると残念なことにトロッコの運行は行われていなかった。雨でスリップしたりするからだろうか。車両に大きなビニールシートがかけられている。わざわざやってきたのに残念だ。

Img_0581_r

 トロッコの距離は100メートル程度でこの駅からスタートするようだ。

Img_0583_r

Img_0590_r

 終端の部分はバラストが入れ替えられていたから今後も継続して運行する証だろう。乗れないのは残念ではあるが、また来る楽しみができたとも言える。

« 普段通らない!JR東海管内貨物線と珍しい車窓の旅(大滝鍾乳洞) | トップページ | 普段通らない!JR東海管内貨物線と珍しい車窓の旅(九頭竜紅葉まつり) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 普段通らない!JR東海管内貨物線と珍しい車窓の旅(大滝鍾乳洞) | トップページ | 普段通らない!JR東海管内貨物線と珍しい車窓の旅(九頭竜紅葉まつり) »