2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 養老鉄道10周年記念臨時列車の旅(受付) | トップページ | 養老鉄道10周年記念臨時列車の旅(西大垣車庫) »

2018年1月 6日 (土)

養老鉄道10周年記念臨時列車の旅(養老駅まで)

 ​ 臨時列車は10時53分大垣駅1番線から出発し養老駅へと向かう。出発とともに車内アナウンスで開業10周年のお礼と今回のツアーの行程について説明があり、その後養老鉄道クイズが始まる。内容は養老鉄道の電化時期、養老鉄道の架線柱の数、最も古く養老鉄道に入線した車両についてなど全部で10問だったが、相当にマニアックな問題が多く私には自信を持って答えられる問題は1問もなかった。

 杭瀬川に架かるコンクリート橋では養老鉄道唯一のロングレール区間になり、養老駅の手前で線路が左に大きくカーブするところではかつて線路が分岐していてバラスト採取用の線路が牧田川の川原まで延びていたことなどを教えられる。

Img_0081_r

 養老駅に11時17分に到着した。養老駅は2面3線の構造で駅舎側から1番線、2番線となっていてこの電車は3番線に入線した。通常3番線が利用されることはないらしい。

Img_0107_r

 この駅で列車交換が行われ臨時列車と合わせて3本の列車がいちどきに集まる貴重な瞬間となり参加者は一斉にカメラを構える。列車や行き先板をしっかり写る構図を皆狙っているのだが人が多くうまくいかない。私はそうした現場の雰囲気も含めて撮影したいほうだが、完璧な写真を求める人もいて怒号が飛んでいる。

Img_0086_r
 
 養老駅は養老鉄道の線名にもなるほどの主要駅で、少し離れたところにはおなじみの養老の滝がある。駅舎は瓦屋根の落ち着いた建物で駅舎の中にあるかつての一等待合室は今は地元の地域活性化を目指すNPO法人ヨロストのスタジオになっている。ここでは週1回養老鉄道の社員による鉄道大好き番組「なるほどトレイン」の放送も行われるらしい。

Img_0091_r

 今日はホーム上に臨時スタジオが設けられていて臨時列車に乗務していた養老鉄道の社員が出演してそこから生放送が行われている。

Img_0098_r

 3本並びの列車撮影や駅舎の見学を終えて車内で駅弁を食べる。専用掛け紙付きだ。

Img_0099_r

 養老鉄道では薬膳料理が食べられる列車の運行もあるせいか、かなりヘルシーなお弁当だった。

« 養老鉄道10周年記念臨時列車の旅(受付) | トップページ | 養老鉄道10周年記念臨時列車の旅(西大垣車庫) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 養老鉄道10周年記念臨時列車の旅(養老駅まで):

« 養老鉄道10周年記念臨時列車の旅(受付) | トップページ | 養老鉄道10周年記念臨時列車の旅(西大垣車庫) »