2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(終りに) | トップページ | 新宿三丁目駅渡り線 »

2017年12月16日 (土)

東陽町駅中線

010_03

 東京メトロ東西線東陽町駅の東方には深川検車区への入出庫線があり、その付近だけ1.5複線のようになっています。東西線の西行き(B線)の電車は南砂町駅を発車すると通常は①の線を通って東陽町駅に入りますが、1日に数本だけ中線②を通って東陽町駅に入線します(画像は「配線略図.net」から借用しました)。

 どの電車が②を通るかはネット上を調べても深夜時間帯であるということ以外確実な情報がなく、各種情報を総合すると南砂町発23時36分と47分がそれらしいようですが確証はありません。

Img_1539_r

 12月8日金曜日の夜、その線に乗るべく南砂町駅に行ってみました。何本かに乗ればヒットするのではないかと思い、まず23時08分発の電車に乗ってみました。

 すると南砂町を発車して少し行くとブレーキがかかりました。運がいいです。この電車が中線を通るようです。ポイントが右に開いています。

Img_1543_r

 中線を進行中です。右側に見えるのが東行き(A線)です。

Img_1545_r

 A線と中線のシーサスクロッシングです。

Img_1548_r_2

 東陽町駅に入るところ。左からB線が合流してきます。

 なぜ数本だけこの線を通るのかはよく分かりませんが貴重な線に乗れて満足です。

« 神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(終りに) | トップページ | 新宿三丁目駅渡り線 »

渡り線・回送線・車庫線」カテゴリの記事

コメント

 ついに走破されましたね。おめでとうございました。東陽町駅手前のポイントは、開業時は中線が真っ直ぐ、本線(B線)側がガクンと揺れていましたが、少しでもショックを和らげようと、中線に少しカーブをつけて本線側の曲線を緩和しています。その様子がよく解りました。

railwayさん、こんにちは。

どの列車が中線に入るか分からず苦労しましたが、運良く一発で引き当てました。

別の日にB線に乗ったら東陽町の手前で減速しながらホームに入りました。分岐の関係なのですね。今まで全く気付かずにいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東陽町駅中線:

« 神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(終りに) | トップページ | 新宿三丁目駅渡り線 »