2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(石見川本駅) | トップページ | 神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(宇都井駅) »

2017年12月 5日 (火)

神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(江津まで)

​ 石見川本駅での待ち時間が終わり、江津行きに乗る。この列車は私が三次から乗ってきたのと同じ車両で、石見川本駅で長時間停車しているが実質的には三次発江津行きなのだ。列車交換のできる駅が少ないので、ここで待機させているのだ。 2両にほぼ満席の客を乗せて出発する。再び江の川が見えてくる。

Dsc00994_r

Dsc00992_r

Dsc00989_r

 三江線には陸陸閘と呼ばれる水門が何ヶ所かある。江の川の堤防を三江線が横切っていて、それでは堤防の用を成さないので、増水時には堤防を締め切ることができるような水門が設置されているのである。おそらく三江線ができた後に堤防がかさ上げされてこのような構造になったのだろう。他の線では見かけたことがない。

Dsc00896_r

 終点江津の一駅手前の江津本町。駅名からすると江津の中心のような名前であるが乗降客はなく、駅前も道路が1本あるだけで本町とはかけ離れていた。

 定刻14時54分に江津着。私は折り返しの列車で再び三次まで戻るが、大半の客は山陰本線に乗り換えていた。

« 神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(石見川本駅) | トップページ | 神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(宇都井駅) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(江津まで):

« 神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(石見川本駅) | トップページ | 神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(宇都井駅) »