2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー(長崎空港) | トップページ | 新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー(名鉄築港線) »

2017年11月19日 (日)

新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー(東横イン中部国際空港本館)

8259_r

 今夜の宿は中部国際空港近くにある東横インだ。空港から連絡ブリッジを渡り5分ほどで到着した。

Dsc00547_r

 部屋の様子はごく普通。食事は長崎空港で済ませたのでここでは食べない。

8262_r

 翌朝の朝食会場の様子。この東横インでは朝6時から朝食が取れる。早朝便の飛行機にも対応できるような配慮からだろう。6時15分頃に行くとご覧のような状態。客室数が1000くらいあるので利用者も多く圧倒される。しかも大半の利用者が中国人だ。会場内の案内表示も中国語で飛び交っている言葉も中国語で、とても日本のホテルとは思えない。

8265_r

 肩身の狭い思いをしながら朝食を食べる。東横インだと通常は朝食におにぎりもあるはずだが、品切れなのか元からないのかここはパンだけだった。

 戦場のような朝食を済ませ空港へ向かう。ホテルから空港へは歩いても行けるのだが無料送迎バスもあるので利用してみた。私が乗り込むとすぐに発車した。客は私しかいない。

Dsc00556_r

 運転手は私が首からカメラをぶら下げていたので航空機マニアと思ったのか、あそこにボーイング787の1号機が止まっているから写真を撮りなさいと言って車を止めてくれた。今は野ざらしの状態だが数年後には専用の展示施設ができて、そこまで機体を人力で引っ張っていくイベントがあるとのこと。

 後から調べるとボーイング787の機体の35%は日本製で、その部品がこの中部国際空港からドリームリフターと呼ばれる大型輸送機でアメリカに輸送されたことが縁で、試験飛行の役割を終えた1号機がボーイング社から中部国際空港に寄贈されたらしい。

« 新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー(長崎空港) | トップページ | 新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー(名鉄築港線) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー(長崎空港) | トップページ | 新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー(名鉄築港線) »