2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 動画版「新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅」 | トップページ | 神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(初めに) »

2017年11月29日 (水)

提灯落としのトンネル

Img_1167_r

 泉岳寺駅近くに「提灯落としのトンネル」と呼ばれるトンネルがあります。制限車高が1.5mと低くタクシーの屋根に乗っている提灯の行灯も引っかかるほどの低さからその名が付いています。

Img_1226_r

 こちらがその入り口。手前は山手線の線路です。車の屋根スレスレです。さすがに提灯が引っかかることはありません。

Img_1169_r

 自転車は降りて通行しましょうと書かれていますが皆乗ったままで入っていきます。うっかり背筋を伸ばすと危ないです。

Img_1173_r

 制限車高は1.5mの割りに身長175cmの私でも天井に頭をぶつけずに歩けます。制限高は1.5mでも実際は少し余裕があるようです。

Img_1178_r

 しかしさらに奥に進んで行くとだんだんに天井が低くなって来ました。直立すると頭が完全に天井に付きます。女性や背の低い男性は普通に歩いて行くので実際にはおそらく170㎝くらいの高さと思われます。

 車がスピードを出し過ぎないようにところどころに出っ張りがあります。

Img_1179_r

 長さは230mほどのトンネルです。

Img_1202_r

 提灯落としのトンネルと呼ばれるせいか、なぜかタクシーの通行が多いです。7割方はタクシーでした。

Img_1185_r

 このトンネルは山手線新駅建設に伴い閉鎖される予定なので皆様も早めに行かれてはどうでしょうか。

 こちらは実際に自分の車で走った時の動画です。

« 動画版「新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅」 | トップページ | 神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(初めに) »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 提灯落としのトンネル:

« 動画版「新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅」 | トップページ | 神戸市交通局100周年記念特別列車の旅(初めに) »