2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(旭川ラーメン) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(深名線廃線跡) »

2017年10月 4日 (水)

新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(落輪)

Dsc00618_r

 今朝はホテルで朝食を取らず7時前に出発し、北海道4日目の旅がスタートした。今日はまず国鉄深名線の廃線跡を見に行く予定だ。

 ところで私は今の車に14年ほど乗っていて、カーナビも買った時のものを更新せずに使用している。14年も経つと新しい道路も結構できているのでカーナビのルートが古い道を示すことも多くなってきている。

 カーナビの指示では旭川市内を抜けてからは道なりに進めばよいはずだったが、新しい道ができていて右折しなければいけないところを見落とし、しばらく走ってから誤りに気が付いた。

 農道と交差するところがあったのでそこに車を停めてバックで農道に入って方向転換しようと思った。バックを始めて車がちょうど90度回転したのでギアを前進に切り替えた瞬間ボコッと音がして車が動かなくなってしまった。いくらアクセルを踏んでも後輪が空回りするだけで全く動かない。目測を誤りハンドルを切るタイミングが早すぎたので落輪したようだ。車から降りてみると後輪が草むらに乗っていて、それで空回りするようになっている。自分で車を押してみてもビクともしない(後から冷静に考えるとパーキングブレーキをかけて降りたので動くはずもないのだが)。

 これは困った。JAFを呼ぶにも現在地をうまく説明できない。通りすがりの車を停めて引っ張ってもらうか、車輪の下に何かを敷いて脱出するしかないだろうか。車の前半分は道路にはみ出ているので危険でもある。私はしばらく途方に暮れた。

 押してもダメなら引いみろということで再び車に乗り込み、ギアをバックに入れるとなんと車が動いてくれた。ホッと胸をなでおろした。脱輪した時にボコッと音がしたので下回りを傷めたかもしれないが見た限りは大丈夫そうだ。

 (画像は脱出した後。本来ならば舗装部分で方向転換するところ、左側の草むらに後輪を落としてしまった)

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(旭川ラーメン) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(深名線廃線跡) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(落輪):

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(旭川ラーメン) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(深名線廃線跡) »