2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(苫小牧港まで) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(さんふらわあふらの1) »

2017年10月19日 (木)

新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(さんふらわあふらの乗船)

Dsc01093_r

 王子製紙軽便鉄道の見学を終えて、苫小牧港に着いた。本日の走行距離は256km、燃費は13.7kmだった。今日はここから商船三井フェリーのさんふらわあふらので大洗港へと向かう。新日本海フェリーではeチケットを印刷しておけば乗船時の手続きがまったく不要だったが、商船三井フェリーでは予約時に使用したクレジットカードと車検証を持ってターミナルビルでの手続きが必要だった。今回初めて気付いたが車検証にはQRコードが印刷されていて、それをチェックイン機に読み込ませると車検証のデータが反映する仕組みだった。

Dsc01099_r

 17時20分、乗船が始まる。新日本海フェリーの時は高い位置までスロープで上ったが、ここでは岸壁と変わらないような高さから船に乗りこんだ。船内に入るとスロープを2フロア下りて船底のような位置に誘導された。

Dsc01102_r

Dsc01105_r

 ここは船の中で1階部分にあたるようだ。車両には車止めがしっかりとかまされたが、これも新日本海フェリーではなかった。同じフェリーでも何かとやり方が違うようだ。

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(苫小牧港まで) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(さんふらわあふらの1) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(苫小牧港まで) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(さんふらわあふらの1) »