ただいまの時間

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(万字線) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(あかん湖鶴雅ウイングス1) »

2017年9月12日 (火)

新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(阿寒湖まで)

Dsc00222_r

 万字線廃線跡をたどった後、今夜の宿泊地阿寒湖まで向かう。途中夕張駅前を通った。夕張支線は廃線の方針が決まっているので時期が明確になればまた来たいところだが、今日は時間がないので乗らない。

Dsc00159_r

 夕張駅近くのセイコーマートで少し遅い昼食とした。カップに入った珍しい日本そばだ。

Dsc00233_r

 夕張インターで道東自動車道に入る。本来ならばこのまままっすぐ終点の足寄インターまで行くところだがまず二つ先の占冠インターで下りる。なぜそんなことをするかというと、昨年の台風被害で日勝峠の国道が不通となり、その代替道路として占冠インター・十勝清水インター間が指定されていて、その区間だけを利用する人は高速料金が無料なのだ。しかし無料区間の前後を通して走る車は災害不通区間とは関係ないので無料の恩恵には与れない。そのため無料の恩恵に与るにはいったん高速を下りて再び乗るという面倒なことをしないと行けない。しかしこうすることにより、本来4080円かかる高速代が2830円で済む。

 そういうわけで私はいったん占冠インターで下りる。すぐに折り返して高速に乗りたいところだが、そうしたい利用者が多いのかインター周辺には「Uターン禁止」の看板が至るところに立っている。しかし不思議なことに「道の駅2キロ」という看板もあり、私はそこでUターンして帰ってきた。

 道東自動車道に再び乗り、今度は十勝清水インターでも同様のことをして1250円節約することに成功した。しかしインターをいったん出ることによるロスタイムも2回合わせて30分近くもかかるので、高速道路を利用するメリットを減殺するのでそのあたりを勘案して利用する必要がありそうだ。

 足寄インターで下り、近くのガソリンスタンドで給油をする。この日の燃費はリッター11.6kmだった。

 阿寒湖のホテルに着いたのは18時15分ころになり日もかなり暮れてきたが雨は止んだ。スケジュール変更はあったものの、その他は大きなトラブルもなく無事に北海道初日は終わった。本日の走行距離は504kmだった。

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(万字線) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(あかん湖鶴雅ウイングス1) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、一日で504km走行、やはり北海道は広いですね。
いろんな情報を聞き飛ばしてしまう私には、こんなに効率的な北海道めぐりはできないだろうと感じつつ楽しませてもらっています。
高速代の節約は、私も同じように実行すると思います。
伊豆へも、都内などで途中下車したいときは、休日お出かけパス+乗り越し+伊東駅で伊豆満喫フリーキップ、という手を使いました。

さて今年の全線ウォークは16日開始、またまた台紙が三色という話。16日には伊豆クレイルとRoyal Expressが富戸あたりですれ違いそうなので撮影を兼ねて初日に行こうと思っています。

京葉ラインさん、こんばんは。

1日で500キロも走った割りには疲れはありませんでした。北海道の道路は快適です。

ところで今年の伊豆急全線ウォークは開始が例年より遅いですね。まだ暑い時期なので私はもうしばらくしてから行こうと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/65728960

この記事へのトラックバック一覧です: 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(阿寒湖まで):

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(万字線) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(あかん湖鶴雅ウイングス1) »