2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(浜中町簡易軌道) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(奥行臼) »

2017年9月21日 (木)

新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(北太平洋シーサイドライン)

 茶内でようやく簡易軌道のディーゼル機関車を見つけた後、今度は別海町奥行臼にある廃駅などを見るべく車を進ませた。直行してもいいのだが景色のいいところを走ろうと思い、まず霧多布岬に行ってみた。

Dsc00344_r

 霧多布湿原を通り、霧多布岬に到着。断崖がそのまま海に落ち込むような海岸線だ。

Dsc00351_r

 続いて北太平洋シーサイドラインを東に進む。荒々しい海岸線が続く。

Dsc00356_r

 海岸線を右手に見ながら牧草地をアップダウンを繰り返して進む。

Dsc00357_r

 一直線の道路。雄大な景色で関東地方では絶対にお目にかかれない。交通量も少なく快適なドライブが楽しめる。写真だけだとイメージが伝わりにくいが動画も撮ってあるので、いずれご紹介したい。

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(浜中町簡易軌道) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(奥行臼) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(浜中町簡易軌道) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(奥行臼) »