2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(根室標津駅跡) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(知床斜里駅) »

2017年9月24日 (日)

新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(ルートイングランティア知床斜里駅前)

​  根室標津駅跡を見学した後、今夜の宿泊地知床斜里に向かう。根室標津の街を抜けると道が一直線に続く。ミルクロードと呼ばれる道だ。夕方の18時ころで道東はすでに日暮れが迫っている。 この先国鉄根北線の越川橋梁を見たいと考えていたが着くころには日が暮れてしまいそうだ。見学は翌日回しとした。日が暮れて街灯のない道を前の車に従って進んで行く。初めての道で夜走るのは不安がある。ドライブのスケジュールを組み立てる際にはそうならないように気をつけないといけない。

  知床斜里の街に入り、ホクレンのスタンドで給油する。昨日の足寄のスタンドからの燃費はリッター13.9km、今日の走行距離は336kmだった。

Dsc00430_r

 今夜のホテルは斜里斜里駅前にあるルートイングランティア知床斜里駅前で、19時頃に到着した(画像は翌朝撮影したもの)。

Dsc00423_r 

 ルートインはビジネスホテルチェーンではあるがここはリゾートホテル扱いで部屋は全てツインルームになっている。ご覧のような様子でゆったりしている。私は鮭とばプラン9200円というもので予約してある。通常料金に300円ほど上乗せすると地元産の鮭とばが進呈されるのだ。鮭とばを普通に買えば300円くらいはするのでおつまみを買う手間も省ける。

 このホテルには温泉があるのでさっそく行ってみた。先客は誰もおらずひとりで独占だ。露天風呂もあったので入っていると踏切の音が聞こえてきて、その後知床斜里着19時38分の釧路行き最終列車が入線した。露天風呂で列車の音を聞けるとは乗り鉄の旅らしい。

Dsc00425_r

 部屋に戻り、先ほどもらった鮭とば(右)と近くのセイコーマートで買ったおつまみなどで部屋で一杯やり、早めに就寝した。

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(根室標津駅跡) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(知床斜里駅) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(根室標津駅跡) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(知床斜里駅) »