ただいまの時間

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(らべんだあ乗船) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(らべんだあ船内の様子2) »

2017年9月 1日 (金)

新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(らべんだあ船内の様子1)

Dsc00056_r_2
 ​
 自分の個室に荷物を置き、出航までまだ時間があるので船内の様子を見にいった。この新型フェリーは全て個室タイプとなっていて、いわゆる雑魚寝部屋はない。最も下のランクがツーリストAと呼ばれるタイプで鉄道でいう2段式B寝台にあたる。2段ベッドになっていてこの部屋には鍵がない。その次が私の乗るツーリストSで、その他にスイートルーム、デラックスルーム、ツイン、和室などもある。

 通路の両側に部屋が並んでいてホテルと変わりない。ドアがあるので勝手に開けて見るわけにもいかないので、部屋の様子は詳しくは新日本海フェリーのホームページでご確認ください。海に面した部屋には専用のバルコニーがあるので開放感もあるに違いない。

Dsc00047_r_2

 それからペットと同室で乗ることができるウイズペットルームというものや、ペットを預けることができる専用のペットケージもあるから、ペットがいて長期の旅行がしにくい人もこれなら安心だろう。

Dsc00050_r_2

 ドッグフィールドもある。

Dsc00045_1_r_2

 フォワードサロン「凪」。5階の船首部分にあり進行方向を眺められる。中での飲食は禁止となっている。

Dsc00022_r_2

 売店。おみやげも充実している。

Dsc00033_r_2

 こちらはカフェ。その他にレストラン2ヶ所、屋上ビアガーデン、風呂、フィットネスマシーンルーム、カラオケ、ゲームセンター、キッズコーナーなどがある。

 雑魚寝部屋がなくなったので従来船と違いフリースペースが少なく全体的にゆとりがない設計だが、船は新しくきれいで快適だ。

Dsc00034_r_2

 新潟港内の船舶の発着の関係で定刻の11時45分より10分ほど遅れて、従業員とかもめに見送られながら出航した。

Dsc00027_r_2

 6階のデッキで見送ったが、日差しが強くてあまり長くは出航の余韻に浸れなかった。

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(らべんだあ乗船) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(らべんだあ船内の様子2) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

新日本海フェリーのHPを見ましたが凄い船ですね。特に海を眺める露天風呂に驚きました。気持ち良いでしょうねえ。屋上ビアガーデンも大海原の夕陽を眺めながら飲む生ビールは最高だよなあ…などと妄想全快であります。

あとウチはワンコがいるので、ペットルームがあるのは良いなと思いました。

ミスターOHさん、こんばんは。

ホテルがそのまま船になったようなものですから何でもあります。

犬も乗せられるのでぜひ一度乗ってみてはどうでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/65727970

この記事へのトラックバック一覧です: 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(らべんだあ船内の様子1):

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(らべんだあ乗船) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(らべんだあ船内の様子2) »