2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(関越道通行止め) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(らべんだあ乗船) »

2017年8月30日 (水)

新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(新潟港フェリーターミナル)

Dsc00001_r

 赤城高原サービスエリアで手短かに休憩し、売店で「食べるコーヒーキャンディ」という飴が売っていたので、眠気防止のために一袋買ってみた。昔あったライオネスコーヒーキャンディのような味で、CMの歌を思い出しながら懐かしく食べる。

 関越トンネルを抜けて新潟県に入る。それまでは小雨も降る天気だったが、こちら側はよく晴れている。国境の長いトンネルを抜けるとそこは南国だったという感じだ。

 ガーラ湯沢駅を左手に見て、長岡ジャンクションを過ぎ、栄パーキングエリアでもう一回休憩する。

Dsc00002_r

 両脇の水田を眺めながら快適に走行し、新潟西インターで高速を降り、10時30分新潟港フェリーターミナルに着いた。途中関越道の通行止めはあったものの無事間に合いホッとする。

 これから乗る「らべんだあ」は既に入港している。全長197.5m、旅客定員600名の大型船だ。ターミナルビルに隠れて船の全容は見えないが、色合いは前に乗った旧型船とそう変わらない感じがするがこれで北海道に行ける訳で胸が高鳴る。

 従来はいったん車を下りてターミナルビルで乗船手続きをする必要があったが、今回はインターネット予約時のプリントアウトしたe乗船券を持っていれば、手続き不要でそのまま乗船できるようになったのでとても便利だ。

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(関越道通行止め) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(らべんだあ乗船) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

晩夏の北海道の風景を楽しみにしています ( ^ω^ )
今回は往復をフェリー利用ですか。大洗はともかく新潟はやっぱり遠いですねえ。トラブルにハラハラしました。

あと自分は東京湾フェリーくらいしか乗った事ないのですが、確か乗船券を買ったり車検証を出したりして、すごく面倒くさかったような記憶があります。
今はずいぶん楽になっているんだなあと思いました。

フェリーでの食事も気になるところです。

ミスターOHさん、おはようございます。

いきなりのハプニングがありましたが、乗り遅れずに新潟港に着きました。

乗船手続きは車検証の提示もなく本当に簡単でしたが、これは船会社によってかなり異なるのが帰りに判明しました。それは後日。

食事の件は追って出てきますのでしばしお待ちを。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(関越道通行止め) | トップページ | 新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅(らべんだあ乗船) »