ただいまの時間

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ(岩泉線レールバイク) | トップページ | 大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ(終りに) »

2017年8月 3日 (木)

大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ(大館駅周辺)

​  レールバイクを乗り終え、清風荘発12時23分のバスで大館駅に戻った。行きに乗ったバスと同じ車両でサスペンションがいかれていて段差での衝撃が大きい。 帰りは大館駅の一つ手前のバス停で降りた。

Dsc00993_r

 こちらがかつての同和鉱業大館駅の踏切跡。レールがしっかりと残っている。

Kouken_011_2

 同和鉱業は2つの路線を有し、先ほどレールバイクで走った小坂線とは別に花岡線というのもあった。

Dsc00996_r

 ここが小坂線と花岡線の分岐点。左に行くと花岡線。

Dsc00999_r

 さらに進むと築堤になる。

Dsc01006_r

Dsc01009_r

 JRの線路をまたいでいるところに来た。線路の上部は鉄橋が撤去されているが両側の築堤は廃線後25年は経つというのにしっかりと残っている。

Photo

 こちらが花岡線の終点、花岡駅。私は1985年3月に訪れた。廃線になる1ヶ月前だった。

Dsc00913_r

 花岡線の跡を歩いた後、大館駅に戻り、駅前にある花善というお店で大館名物駅弁の鶏めしを買うことにしてある。店は建て替え工事中で仮店舗で営業していた。

 ポスターを見ると比内地鶏の鶏めしというのがあり、JR東日本の駅弁味の陣というイベントで駅弁大将軍のという最高評価の賞を取ったと書かれていたので、ノーマルの鶏めしではなく、それを買ってみた。1180円だった。

« 大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ(岩泉線レールバイク) | トップページ | 大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ(終りに) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

 私が2000年ごろ大館に行った際には線路がそのままでした。縁のなかった鉄道だったので、探訪しなかったのが返す返すも残念です。

railwayさん、こんにちは。

ここは今でもほとんど線路が残っています。私は現役時代は1回しか乗ったことがなく、残っている写真も数枚というレベルで、沿線の記憶もほとんどないのは寂しい限りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/65514230

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ(大館駅周辺):

« 大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ(岩泉線レールバイク) | トップページ | 大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ(終りに) »