ただいまの時間

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(四季島入線) | トップページ | ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(出発) »

2017年8月 8日 (火)

ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(なごみ入線)

Dsc01287_r

 四季島が入線したその3分後になごみが入線してきた。JR東日本が誇る豪華列車が隣同士のホームに停まるという超ぜいたくなはからいだ。ただ、なごみは14番線の随分と奥に停車したから、先頭部分が2本並んでの撮影は不可能だった。せっかくだから並べて停車してくれればいいと思うのだが。

Dsc01293_r

 外観はぶどう色をしていて現代の鉄道車両では見かけない塗装だ。光り輝いているので反射して写真は取りにくい。

 列車は5両編成なっている。お召し列車として運転される場合は皇族の方々が乗る車両を中間にもう1両組み込むのだが、当然のことながら今日は連結されていない。我々が今日乗るのは同行の人が乗る車両なのだ。と言っても普通のグリーン車よりもグレードが高い。5両編成の定員も90名となっている。

Dsc01463_r

 シートはこんな感じでグランクラスよりは劣るが一般のグリーン車と比べると上級なグレードに属する。通路をはさんで2列+1列の構成になっている。

Dsc01296_r

 車内は和モダンで木の風合いを活かした設計で、網棚がハットトラック式になっているから、天井もスッキリした感じだ。

 客の構成は男女比が4:1、平均年齢は40代半ばといったところだろうか。皆うれしそうに写真を撮りまくっている。

« ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(四季島入線) | トップページ | ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(出発) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/65625331

この記事へのトラックバック一覧です: ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(なごみ入線):

« ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(四季島入線) | トップページ | ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(出発) »