ただいまの時間

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(韮崎駅待避線) | トップページ | ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(島々駅) »

2017年8月13日 (日)

ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(新村車庫)

Dsc01382_r

 松本駅でなごみを下車し、これからアルピコ交通上高地線の新村車庫に向かう。今回の旅は「信州松本を訪ねる日帰り旅」となっているが、松本城も開智学校も訪れず、新村車庫を訪れるだけなのだ。

Img_4173_r

 ツアー参加者にはアルピコ交通の一日乗車券が渡される。かわいい女の子のキャアクターは「渕東なぎさ」という名前で、姓も名もアルピコ交通の駅名から来ている。

Dsc01389_r

 松本駅7番線から13時28分発の新島々行きに乗る。車両は元井の頭線の3000系の2両編成だ。なごみからの乗り換え客で通路までいっぱいだ。

Dsc01415_r

 約15分ほどで新村駅着。駅に隣接する車庫へ進む。ここで30分ほど撮影タイムとなる。

Dsc01393_r

 電気機関車のED30の1号機。1921年製だが塗装もきれいだ。

Dsc01396_r

 かつて走っていたモハ10のリバイバル塗装。車両は井の頭線3000系。

Dsc01411_r

 ラッセル車。

Dsc01404_r

 東急青ガエル5000系。5005番だからほとんどトップナンバーに近い。以前はりんごをイメージした塗装だったが、今は昔の色に戻っている。

 構内にある車両はこれくらいで間が持たない。そのうちにリバイバル塗装車の方向幕の回転を始めたが、あまり行き先がないのですぐに終わってしまった。


« ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(韮崎駅待避線) | トップページ | ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(島々駅) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/65644681

この記事へのトラックバック一覧です: ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(新村車庫):

« ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(韮崎駅待避線) | トップページ | ハイグレード車両E655系「和(なごみ)」で行く信州松本を訪ねる日帰り旅(島々駅) »