ただいまの時間

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 秦野駅 | トップページ | 大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ(コンフォートホテル秋田) »

2017年7月29日 (土)

大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ(こまち33号)

7853_r

 大人の休日倶楽部パスの旅パートⅡは7月1日土曜日夜から始まった。土曜日の休日出勤は突発事故もなく無事終わり、新宿の会社を18時過ぎに出た。中央線経由で東京駅に着いて、少し時間があったので大丸の地下でお弁当を調達することにした。いろいろ種類があって迷ったがヘルシーそうな美濃吉の美味串合わせ999円を選んだ。

 またニューデイズでは今、夏恒例の「北海道&青森フェア」をやっていて、サッポロクラシックが買えるのでそれも調達した。

 これから乗る列車は19時20分発のこまち33号で、新函館北斗行きのはやぶさを併結している。この時間に東京駅を乗って函館や秋田にその日のうちに着けるのだから新幹線の威力は大きい。

 今年は秋田新幹線開業20周年の年でもある。秋田新幹線開業の年はJR発足10周年にもあたり、その時発売された「JR発足10周年記念・謝恩フリーきっぷ」を利用し、秋田新幹線初乗りで秋田に行き、新大阪-博多間にデビューしたばかりの500系のぞみに乗って博多に行き、これまた開業直後の大阪のJR東西線にも乗って、2日間の慌ただし旅をしたのだ。

 秋田新幹線では同じ列車に種村直樹さんが同乗していた。種村さんはいつも大勢の仲間と旅行されている印象が多かったが、この時はお一人で特に取材という雰囲気もなく、一旅行者として旅を楽しんでおられる印象だった。

7855_r

 そんなことを思い出しながら発車とともに乾杯する。サッポロクラシックはさわやかでおいしい。美濃吉のお弁当も薄味でヘルシーな感じだ。大宮駅に着く頃にはほとんど食べ終えてしまった。

 大宮を出るとこまち号は人が変わったように時速270km/hまで一気に加速し、さらに宇都宮からは320km/hに加速した。

7858_r

 車内販売が来たので新幹線でおなじみのカチコチアイスクリーム290円をデザートにいただく。レシートにはこまち33号の表示が出ている。

 車内はおよそ50%の乗車率で私の隣は結局誰も乗って来なかった。

 盛岡で地平に降り、大曲で進行方向が変わり、秋田には定刻23時02分に到着した。

« 秦野駅 | トップページ | 大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ(コンフォートホテル秋田) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

車内できっぷを購入すると列車番号が記されますが、車内販売ではこまち33号という感じで号数の記載があるのは楽しいですね。

変わった線路情報ですが、尻手駅7:01の南武支線は南武線ホームの1番線発だそうで時刻案内に書いてありました。
また、山梨で神明の花火大会がある日は身延線が臨時ダイヤになり身延線の特急ふじかわ13号が中央線のホームに入るそうです(去年のことですがダイヤが同じなようで今年もあるのではないかと思います。ほかの列車もそうなのかは不明です)

ふぉ様、おはようございます。

情報ありがとうございます。尻手駅のは2年ほど前に乗りました。

甲府駅は全く知りませんでした。年1回の機会でハードルが高いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/65513396

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ(こまち33号):

« 秦野駅 | トップページ | 大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ(コンフォートホテル秋田) »