ただいまの時間

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(成田空港第3ターミナルビル) | トップページ | 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(北総鉄道9000形引退ツアー) »

2017年4月17日 (月)

可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(印西牧の原駅まで)

Dsc02799_r

 第2ターミナルビルに着き、ここを少し見物する。こちらのほうは広くて天井も高く、いかにも国際空港だという印象を受ける。

Dsc02801_r

 展望デッキからの画像。目の前に鉄道の線路のようなものがあり気になる。

Dsc02793_r

 こちらは第2ターミナルビル駅改札近くにあるガチャガチャ。外国人旅行客が余った硬貨をここでガチャガチャに代えて帰国するので人気があるらしい。

Dsc02811_r

 京成の成田空港駅、空港第2ビル駅は1本のホームを中央部で仕切り、京成本線経由の列車とスカイアクセス線経由の列車とが縦列停車する仕組みになっていて、それぞれの客が一緒にならないようにしている。本線経由とスカイアクセス線経由では運賃が異なるのでそれをしっかり区分するための仕組みで、したがって改札口も分かれていて本線経由の客は2回改札を通過することになっている。ところが列車長の関係で中央部の仕切りを超えて停車する列車もある。これは京成上野行き列車(本線経由)の後部2両がスカイアクセス線のホームに越境しているもの。間違って乗ってしまうとスカイアクセス線の高い運賃が適用される一方時間は遅くなってしまうので要注意だ。

Dsc02824_r

 12時06分発のスカイアクセス線経由の列車で印旛日本医大乗り換えで12時42分に印西牧の原駅に到着した。

« 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(成田空港第3ターミナルビル) | トップページ | 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(北総鉄道9000形引退ツアー) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

 へんな軌道は国際線ターミナルで2013年まで使われていた空気浮上式のシャトル(水平エレベーター)ですね。国際線の出国エリア内にあったため、海外旅行にでも行かない限り乗れませんでした。いま芝山町にある道の駅に2両が保存されています。

 

railwayさん、こんばんは。

その車両が次残っているとは驚きです。是非見に行きたくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/65128684

この記事へのトラックバック一覧です: 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(印西牧の原駅まで):

« 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(成田空港第3ターミナルビル) | トップページ | 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(北総鉄道9000形引退ツアー) »