ただいまの時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(印旛車両基地) | トップページ | 大宮駅屋上駐車場 »

2017年4月20日 (木)

可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(印旛日本医大駅引き上げ線)

Dsc02873_r

 車両撮影会が終了し、9000形車両がまず乗り場に移動する。我々も係員の指示に従い、乗り場へと移動する。北総鉄道の社員は「出発が遅れると京成さんに怒られるので早めにお願いします」と参加者に注意している。スカイライナーの運行を乱すことは許されないのだろうから、半分本当で半分冗談なのだろうが、それならば撮影会の時間をもう少し短くすればよかったろう。ヘッドマークの撮影もそこそこに列車に乗り込む。

Dsc02884_r

 広大な空き地の残る印西牧の原駅周辺。同じニュータウンでも多摩ニュータウンとは大違いだ。多摩ニュータウンは私が小学校2年生ころから入居が始まり、クラスの中でも多摩ニュータウンに引っ越した子がいた。その時は京王相模原線は京王多摩川が終点で、多摩ニュータウンの住人は聖蹟桜ヶ丘からバスだったが、その後多摩センターまで線路が延伸され、屈指の通勤路線になった。

Dsc02892_r

 列車は北総線内を快走し、新鎌ヶ谷で後続のスカイライナーへ道をゆずる。新京成の新鎌ヶ谷駅は高架工事中だった。

Dsc02894_r

 矢切駅は2面4線の構造で、ここで新鎌ヶ谷方にある渡り線で折り返す。

 小室駅では島式ホームの本線側でなく待避側線を通過した。これは他の線でもあまり体験できないことだ。

 ソーラーパネルが多く設置されている複々線用地を進む。この用地はかつて計画のあった千葉県営鉄道や成田新幹線用の線路用地だった話をrailwayさんから興味深く伺う。

Dsc02909_r_2

 印旛日本医大駅に一旦停車した後、いよいよ今回のツアーの目玉、引き上げ線に入った。上が上り本線、下がもう1本の引き上げ線。この引き上げ線には最初Cフライヤーが停車していた。

Dsc02910_r

Dsc02911_r

 本線に合流し、印西牧の原駅へ向けて9000形はラストランを行った。

 今回の旅は広島と千葉の鉄道を1泊2日で旅し、新線開業1つと普段は乗れない路線の乗車2つをこなす効率良い旅だった。またこういうイベントがあればぜひ参加してみたい。

 これで「可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅」を終ります。

« 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(印旛車両基地) | トップページ | 大宮駅屋上駐車場 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

 2日間にわたる乗り歩き、大変楽しいひとときを過ごされたのではないでしょうか。北総鉄道の千葉NT以遠は本来本八幡へ出て都営地下鉄と乗り入れする県営鉄道として1372mm軌間で設計されて建設が開始されたのに、結局この計画は廃棄されて、北総乗り入れで高砂へ出るルートに一本化されました。千葉NTは人口減少社会の失敗したNT建設だったように思います。次もまたどこかでご一緒できることを期待しております。

railwayさん、こんにちは。

千葉ニュータウンが成功していたら魅力的な特急が頻繁運転されていたかもしれませんね。

一泊二日のあわただしい旅でしたが、未知の体験がたくさんあり、疲れ知らずでした。

また機会があればご一緒させていただきたいと思っています。

昔は駅のすぐ東の線路際にあった北総開発線・公団線境界標まで接近することが出来ました。
小室駅の経歴。
当初は県営鉄道の北側に配置する計画だったらしく、開業当初の(現在の下り)ホームは高砂方面から見ると駅部分が県営鉄道のホームの分だけ北側へずれた線形で設置されました。これが現在の下り本線と待避線です。登場時の9000は松戸からNT中央へ向かうとき現在の待避線(登場時の下り本線)、松戸へ向かう時は現在の下り本線(登場時の上り本線)を走っていました。
現在の下り列車では小室駅の「お出口は左側です」が、メモリアルということでしょう、「お出口は右側」を再現してくれたようです(止まりませんでしたが)。
新設した現在の上り線は県営鉄道の予定地に作ったらしく、ほぼ直線です。

京葉ラインさん、こんばんは。

小室駅の配線はそんな歴史があったのですね。細かい情報ありがとうございます。

 県営鉄道ができていたら、複々線でデッドヒートが見られていたかと思うと残念ですが、これだけの日本離れしたダイナミック路線を見ることは他ではないので、それはそれでいいのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/65153014

この記事へのトラックバック一覧です: 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(印旛日本医大駅引き上げ線):

« 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(印旛車両基地) | トップページ | 大宮駅屋上駐車場 »