ただいまの時間

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(受付) | トップページ | 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(長楽寺車両基地) »

2017年4月 2日 (日)

可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(出発)

Dsc02407_r

 イベント参加者は総勢80人程度で、大半が未就学の子どもを連れた家族で、私のような人間は全体の5分の1程度だ。

Dsc02409_r

 発車時刻が近づいて、ホームに降りる。乗る車両は指定されていて、私は5号車だった。私の車両は私以外は全て家族連れで、私はとても浮いた存在になっている。

 13時25分定刻に発車する。各号車ごとに担当者が乗っていて、さっそくジャンケン大会が始まった。私はゆっくり車窓を眺めていたいのだが、子どもが多いから、そうもいかないようだ。

Dsc02918_r

 ジャンケン大会の賞品は、マグカップ、キーホルダー、運行図表などで、私は運良く折りたたみ式の運行図表をゲットしたが、子ども相手にジャンケンで勝ってゲットしても後味が悪い。

 ジャンケン大会は10分ほどで終わり、ようやくゆっくりと車窓を眺められるようになった。前回乗ったのは1995年9月で開業の翌年だったから、もう20年以上も前の話になる。

Dsc02420_r

Dsc02433_r

 この列車は各駅を速度を落とさずに通過しながら進んでいくが、太田川や山陽自動車道をまたぐところは徐行しながら車窓を楽しませてくれる。アストラムラインはほとんど道路上を走るので眺めはよい。ただし建設工事中に高架橋の橋げた落下事故があり、その下にいた車が下敷きとなり、23名の死傷者が出るという痛ましい事故があったことは忘れてはならない。

« 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(受付) | トップページ | 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(長楽寺車両基地) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/65087122

この記事へのトラックバック一覧です: 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(出発):

« 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(受付) | トップページ | 可部線+アストラムライン+北総鉄道の旅(長楽寺車両基地) »