2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 祐天寺駅通過線 | トップページ | 硬券入場券型名刺 »

2017年4月23日 (日)

祐天寺駅の思い出

7572_r

 祐天寺駅の新設通過線を見学した後、祐天寺駅前に出てみました。通過線新設に付随して駅の改良工事も行われています。祐天寺には祖父が住んでいて小さいころはよく遊びに来ていました。祐天寺は渋谷駅からは3つ目で各駅停車しか停まりません。当時東横線ではステンレス車両が導入されていましたが、各駅停車は黄緑色の青ガエル5000系が中心でした。

 祐天寺駅は私が小学校2年ころに高架化され、それと併せて自動改札が設置されました。関東地方ではかなり初期に設置されたと思われます。切符を投入するとあっという間に反対側に出てきて、とてもびっくりしたものです。

 小学校3年生の時に祖父の家に一人で電車に乗って行ったことがありました。祐天寺の駅前ケーキ屋で、1個70円のケーキを3個買って祖父の家に行きました。なぜか値段もしっかり覚えています。

7575_r

 こちらが祖父の家があったところです。祖父は私が小学校5年の時に亡くなり、その後、家は人手に渡り、今は建て替えられていましたが、昔と変わらない狭い路地の奥に昔と同じくらい大きさの家が建っていて、懐かしさがこみあげてきました。

7579_r

 こちらは祐天寺駅近くにあるカレー屋さん「ナイアガラ」です。鉄道ムード満点の店で、店内、店外も鉄道グッズであふれています。ここは4年前に行きました。今回は外から見るだけでしたが、店の前を通る人はその異様な光景に必ず足を止めて様子を見ています。

« 祐天寺駅通過線 | トップページ | 硬券入場券型名刺 »

」カテゴリの記事

コメント

 祐天寺はミスターKさんにとって思い出深い駅なのですね。実は私の母も戦前、祐天寺に住んでいました。歌舞伎の市川団十郎(先代)の実の娘である市川紅梅(新派の女優)さんの内弟子として住み込んでいたとのこと。祐天寺には市川一族が同じ敷地に住んでいたそうです。母が亡くなった数年後にどんなところかと見に行きましたが、全く解りませんでした。タレントや俳優の現住所は調べようがなく、本名の「堀越」姓だけを頼りに祐天寺駅に降り立ちましたが、これは無謀な試みでした。お屋敷があると思うのですが・・。地元の人なら知っているんでしょうね。

railwayさん、こんにちは。

祐天寺はrailwayさんにとっても思い入れのある駅だったのですね。さすがに名前だけでは何ともならないのでしょうが、雰囲気は感じることができたのではないでしょうか。

祐天寺駅周辺は隣の中目黒や学芸大学のように大きなマンションもなく、路地の様子も私の子供のころとほとんど変わっていませんでした。昔ながらのいい雰囲気が残っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祐天寺駅の思い出:

« 祐天寺駅通過線 | トップページ | 硬券入場券型名刺 »