2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 武蔵境ぽっぽ公園 | トップページ | 鉄道の町・盆栽の町大宮 »

2017年4月30日 (日)

西武鉄道軌道線

7441

 東京メトロ西新宿駅前の東京医大で病院の新築工事が行われていて、その工事用フェンスには古い新宿の街の写真がいくつも掲示されています。

 その中で目を引いたのが1923年の「青梅街道を行く荷馬車と西武鉄道軌道線」です。今の新宿西口歩道橋付近の写真らしいです。

 西武鉄道軌道線は淀橋から荻窪までを結んでいた路面電車で、戦後東京都に買収されたらしく、都電では唯一1067㎜の軌間だったようです。その後営団地下鉄荻窪線(現丸ノ内線)の開業により廃止されたようです。

 写真を見ると結構人の往来も激しく、その頃から新宿はにぎわっていたようです。

« 武蔵境ぽっぽ公園 | トップページ | 鉄道の町・盆栽の町大宮 »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

 西武荻窪線(→都電杉並線)は実見したことはありませんが、使われていた2000型が1067mm→1375mm→1435mmと3回の改軌を経て、長崎電軌700形となり、初めて長崎に行ったときに必死に追いかけた覚えがあります。いまは冷房がないのでめったに走らないようですが・・。写真の軌道線は大部分が単線だったと思われますが、並んでいる電柱は国鉄の通信線の張り方と同じ「はえたたき」型ですね。電燈会社が軌道を営業して時代ならではでしょう。

railwayさん、おはようございます。

3回の改軌とはすごいですね。まだ走ることがあるのですか。それも驚きです。

それとハエたたき型に気付かれるとは観察眼の鋭さに脱帽です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武鉄道軌道線:

« 武蔵境ぽっぽ公園 | トップページ | 鉄道の町・盆栽の町大宮 »