2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 追悼特別展 高倉健 | トップページ | 不祥事? »

2017年1月 3日 (火)

東京ステーションギャラリー

7298_r

 「追悼特別展 高倉健」は東京駅丸の内駅舎内にある東京ステーションギャラリーで開催されています。入り口は1階にあり、まずエレベーターで3階に上がり、2階に下りてきます。展示場のメインは2階になります。そして2階の展示を見終えて会場を出ると、そこは回廊になっていて、眼下には東京駅丸の内北口の改札ホールが広がります。この位置に出て来るとは思ってもいませんでした。東京ステーションギャラリーを見学した人だけが見ることができるのです。

7315_r

 こちらは逆に下から見上げたところです。回廊は2階部分と3階部分にありますが、3階部分は入れないようです。皆さまも「追悼特別展 高倉健」とともに、この回廊からの眺めもご堪能ください。

« 追悼特別展 高倉健 | トップページ | 不祥事? »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます ( ^ω^ )

いっとき健さんの「昭和残侠伝」シリーズにハマったことがありまして、私も年末に「追悼特別展 高倉健」に行ってきました。貴重な資料も多く、面白かったです。ただ共演者のみなさんの声がもう少し聴けたらな、と思いました。

会場を出ると見える、回廊からの景色には驚きました。駅の雑踏って何か風情があります。ずっと見ていられそうで。松本清張さんの「点と線」が頭をかすめました。

気を付けなければいけないのは、入場券が現地では売ってないんですよね。あらかじめコンビニやチケットぴあで手に入れないと。私は直前でこの案内を知って、急いでコンビニに駈け込んだのでした。

ミスターOHさん、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

健さんは男の中の男、時代を超えて愛されていますね。

ところで私もこの改札前の雑踏を眺めていて、「点と線」を思い出しました。1階から眺める景色とは異なり、時代を超えた普遍性を感じるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京ステーションギャラリー:

« 追悼特別展 高倉健 | トップページ | 不祥事? »